【アコギ脳】の鍛え方/アコギの種類と選び方

アコギを弾く少女

「アコギ脳」の鍛え方入門としまして、今回はアコギの種類から、おすすめのアコースティックギターメーカーまで見ていきましょう。

アコースティックギターは、歌の伴奏や、ソロギターと様々なプレイスタイルがあります。
是非この機会に、もっとアコースティックギターを詳しくなりましょう。

*ソロギターJ-POP集はこちら
ギタリストマッスル出版
スポンサーリンク

クラシックギターとの違い

まずは、よく似ているクラシックギターとの違いです。
ちなみに僕自身は、クラシックギターが初めて習った楽器でした。

クラシックギターも、アコースティックギターに負けじ素晴らしい楽器です。
オーケストラアンサンブルとしても、ソロの演奏でも、どちらでも素晴らしく壮大な音色を生み出します。

日本のクラシックギター奏者では、村治佳織さんが皆さんもご存知ではないでしょうか。

アコースティックギターで使われる弦はスティール(鉄)に対して、クラシックギターではナイロン弦が使用されます。

そのため、アコースティックギターは煌びやかな明るいサウンドに対して、クラシックギターは丸みがあり、深いサウンドが特徴です。

初心者の方にはエリクサーというメーカーの弦をオススメします。
コーティング弦で錆びにくいため、指触りのとても良いです。

アコースティックギターを始めたばかりの方で、様々の種類がある弦の太さにお悩みの方もおられるかと思います。細目で弦を押さえやすいということもあり、10l47、または、12l53、がです。
ソロギターを主に演奏する方は、メロディラインを強調させるため、13l53の太さを選ぶ方が多いです。

使用木材


アコースティックギターでよく多用されるボディ材が、スプルースです。
表面が白く、レスポンスの早い明るいサウンド傾向です。

Theアコギの音を手に入れたい方は、ボディトップ材がスプルースのギターをおすすめします。

一方クラシックギターでよく多用されるのが、シダーという木材です。
見た目は赤身がかった茶色で、深みがあり、リバーブ感がかかったサウンドが特徴です。


今では様々なメーカーが、色んな組み合わせのギターを販売しています。
ボディのトップの材がシダー材のアコースティックギターや、クラシックギターのヘッド形状のアコースティックギターまで、様々です。

他にもカスタムモデルでは、ハワイアンコアやマホガニー、松、などで作られているギターもあります。

ナット幅

ナット幅というのは、ネック幅のことです。
ギターのヘッドとネックの幅にある間のナットの幅を指します。

アコースティックギターでは、平均してナット幅が42mm~45mm程度に比べて、クラシックギターでは標準が52mmです。

それだけではなく、ナイロン弦の振動幅が大きいため、弦高も高めにセットされています。
そのため、アコースティックギターの演奏フォームとは違ったフォームでの演奏スタイルが基本です。

上記の村治佳織さんの演奏フォームを見てわかるとおり、ギターが乗っている左足を台に乗せ、左手を真後ろから回すようなフォームになります。

アコースティックギターのように、決して左手を握り込むようなスタイルはとりません。

ボディサイズ

それでは次に、アコースティックギターの代表的なボディサイズの違いを見てみましょう。
ボディサイズによって、出る音はそれぞれ特徴があります。

ドレットノート


ドレットノートサイズは、形状も大きく、ギターのくびれもあまりない形をしています。
中低音が強く出るのが特徴ですね。

弾き語りのシンガーがよく好んで使っています。
YAMAHA社から出ているシリーズでいうと、LLシリーズにあたります。

miwaさんなどが使用しています。

OOOトリプルオー(OM)


OOOトリプルオーサイズの下には、OOダブルオーと、Oシングルオーサイズの2つがあります。

こちらのトリプルオーサイズこそ、日本でいうフォークギターの定番サイズです。
形状はドレットノートより全体的に小さく、くぼみも深くなっております。

サウンドの特徴は、ドレットノートサイズに比べ、低音の出力は落ちますが、その分良い意味でバランスがとれたサウンドです。
指弾きが多いシンガーによく使われています。

世界3大ギタリストの1人のエリック・クラプトンはMartin社のトリプルオーサイズを使用しています。

世界3大ギタリストとは?/現代3大ギタリストも解説
世界3大ギタリストとは誰なのか 現代の世界3大ギタリストとは エリッククラプトン,ジェフベック,ジミーペイジ,ジョンフルシアンテ,ジョンメイヤー,デレクトラックス 世界3大ギタリストのルーツ

ラウンドショルダー


ドレットノートの形状を撫で肩にした形状です。くびれが少なく、ドレットノートと同じくこちらも大きめなサイズです。
弾き語りのシンガーに使用している方が多いです。

サウンドはパワフルかつ、前に出すぎないのが特徴で、バンドサウンドのバックでも、よく使用されます。

斉藤和義さんは、Gibson社のJシリーズを使用しています。
同じく、秦基博さんもGibson社のJシリーズを使用しています。

グランド・オーディトリアム

ドレットノートと、トリプルオーの中間に位置しているのが、グランド・オーディトリアムです。

低音も出過ぎず、とてもバランスの取れたサウンドです。
弾き語りでの伴奏から、指弾きでのソロギターまで、使用目的の幅は広いです。

福山雅治さんは、Taylor社の814シリーズを使用しています。

エレアコ

エレクトリック・アコースティックギターといって、設計時からピックアップシステムが搭載されているアコースティックギターもあります。

ライプでのアンプを通しての演奏や、レコーディング時のライン録音が可能です。

ピックアップシステムにも、メーカーにより様々な物がありますが、エレアコで人気どころですと、やはりTaylor社が人気ですね。

いつか皆さんも「これだ!」と思えるアコースティックギターに出会える日がきっとくるでしょう。
しかし、「これがいいけど、ピックアップシステムがついていないアコギだ」という場合もあるはずです。

ですが問題ありません。後付けで、装着できるピックアップシステムがあります。

世界的に有名なメーカーでしたら、L.R.Baggs社が人気です。
ピックアップのサウンドは間違いなしのメーカーです。

僕自身はL.R.BaggsのAnthemというピックアップをずっと使っています。

こちらのAnthemのすごいところは、弦振動をピエゾピックアップとして拾う部分と、サウンドホールからマイクサウンドとして拾う部分が2つ搭載されているところです。

しかもそのサウンドのMix比率までも自分で変えられるという優れものです。

ソロギター

ここでは、いつかソロギターをプレイしたいと思っている方に向けて、アコギ選びのポイントをご紹介します。

ソロギターアレンジ入門
ソロギターアレンジの方法 はじめてでもできるソロギターアレンジの仕方 tab譜や楽譜に記録しながら進める 編曲後のキーを決める 代用コードの使用法 ソロギターにあったコードの押さえ方 伴奏とメロディを頭の中で分けて演奏 ボリュームをコントロール スラム奏法の取り入れ方 アレンジからソロギター演奏ポイントまで解説 

弦高

まずは弦高が低めにセットされているか。
弦高自体はあとからでも変えられるのですが、物によっては低くセッティングすると、弦を弾いた時にフレットと接触し、弦がビビりやすい個体もあります。

弾き語りのシンガーなどは、ある程度の弦高を保つことによって、出音も大きくなり、ニュアンスも変わってくるので、あえて低くセットしないという方も多いです。

基準としましては、6弦12フレットの高さが2,5mm~2mmくらいが、ストレスなく弾きやすい高さと言われています。

ネック

ネックの薄さは個人差で好みは変わりますが、ソロギターを主に演奏する人は、薄目のネックを選ぶ傾向があります。
薄目のほうが、クラシックスタイルでのプレイでのストレスのかかり方が減少される傾向が強いです。

次にナット幅なんですが、細いと一見握りやすく、弾きやすいかと思われますが、実は細いとソロギターでの複雑な指の運指のさいに、指どおしが接触したり、意図せず他の弦に触れてしまったりと、プレイに干渉を及ぼす恐れがあります。

おすすめは、細くて43mm、手が多き目の方は45mm程度ナット幅を持った個体をおすすめします。

ちなみにTaylor社のアコースティックギターは44,5mmが標準値です。

メーカーによってはカスタムモデルや、限定モデルのナット幅だけ変更されている場合もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

僕自身は、「Furch(フォルヒ)」というメーカーを使っています。
ナット幅は広めの45mmで、ソロギターはもちろん、歌の伴奏、レコーディングでも最高のパフォーマンスを引き出してくれるギターです。
元々はクラシックギターを作っていたチェコの会社です。

日本でも最近フォルヒは流行ってきました。フォルヒギターの本体にL.R.BaggsAnthemを取り付け使用しております。

個人的には、フォルヒギターのグランドオーディトリアムサイズのスプルーストップ材がおすすめです。

フォルヒギターの素晴らしいところは、演奏にストレスを感じさせないネック構造や、なんと言っても出音のリバーブ感はとても素晴らしいです。

日本国内メーカーですと、Morris社のSシリーズが、ソロギタリストには人気です。
ソロ・ギターのしらべ」の著者、南澤大介先生モデルもMorrsi社から販売されています。

入門者おすすめギター

もちろん初めから、テイラーやマーチンの高級モデルを購入して練習するのもありなんですが、お値段が、という方にはこちらをおすすめします。

エピフォン社から出ている入門用ギターです。
こちらのモデルのいいところは、安いけど作りがしっかりしていて、設計時から弦高も高すぎず、ナット幅も約43mmです。最初のギターとしましては、十分練習できます。

最低限必要な小物類

ギター本体を購入すると、ギターケースはついてくることが多いです。
あとは必要な小物類を揃えましょう。

入門者セットなどで、小物類もついてくることはありますが、質が悪い物や、使いづらい物に当たってしまったら、また買い直すハメになってしまう恐れがあります。

ギターチューナー

演奏する前には正確な音程をとるため、チューニングが欠かせません。
ギターチューナーも様々あり、値段もピンキリです。

特にこれでないといけないという物ではありませんので、なるべく細かな調整もできるものが、本来好ましいです。
手っ取り早く入手するだけなら、KORGのクリップ式チューナーが人気です。

プロギタリストの使用も多く、精密度が高いと評判なのが、BOSSのクリップ式チューナーです。

ピック

カポタスト

カポと呼ばれるカポタストは、ギターのネックに取り付け、キー簡単に変えてくれる物です。

仮にキーがC#の曲があったとしましょう。
その場合、カポを1フレットに装着することによって、プレイするキーはCに変更できるのです。

カポも値段や種類が様々ですが、洗濯バサミ型のカポは、挟む力をこちらで決めれないのでおすすめできません。

挟む力が強すぎると、弦のテンションも強くなりますし、チューニングも狂いやすいです。
そのため、挟む力加減をコントロールできる物がオススメです。

G7thカポは発売当初から人気ですが、最近さらに人気が加速しています。

ケア用品

ギターを練習して、しっかり手汗を拭かないでいると、すぐに弦が錆びたり、ボディの汚れが落ちにくくなります。
ここは安い物でもいいので、すぐさま入手したいところです。

練習し終わった後は、弦とネックだけでも拭いておきましょう。

おわりに

*ソロギターJ-POP集はこちら
ギタリストマッスル出版

まだアコースティックギターを始めたばかりの方、もしくはこれから始める方も、アコースティックギターはとても楽しい楽器です。

それこそ、みんなで歌を交えながらの演奏や、1人でソロギターを演奏するなど、プレイスタイルは人それぞれ。
ぜひ、アコースティックギターの魅力の世界に、足を踏み入れてください。