米津弦師【アイネクライネ】アコギ簡単コード3種類ギター初心者でも弾ける

カラフルな傘たち

以前、米津弦師さんの「Lemon」のコード進行を簡単アレンジしました。

米津玄師【Lemon】簡単コード/ギター初心者でも弾ける
米津玄師「Lemon」簡単コード一覧2種類。ギター初心者でも簡単弾き語り。半音下げチューニングでアコギで弾いてみよう。アコースティックギター入門・カポタストとは。コードを押さえやすくする方法。コード進行解説・サルでもわかる【音楽理論】。

今回は「アイネクライネ」のコードを、初心者でも簡単に弾きやすいようにアレンジしてみましょう。

コード一覧3種類用意しました。
弾きやすいキーのコード進行で弾いてみてください。

コード進行解説

原曲のコード進行はD♭キーです。

簡単に弾きやすいようにコードをアレンジするには、半音下げチューニングか、またはカポ1フレットに付けて演奏するのがいいでしょう。

原曲の出だしのコード進行はこちらです。

lG♭   D♭   lA♭7   B♭m   l

まずはギターのチューニングを半音下げにしましょう。
ギターのチューニングは6弦から、E、A、D、G、B、E(ミ、ラ、レ、ソ、シ、ミ)です。

全弦半音下げチューニングにすると、D#、G#、C#、F#、A#、D#、となります。

チューニングを半音下げたので、演奏するコードは半音上げて演奏しないと原曲のキーにはなりません。

よって演奏するキーはDになります。
DメジャーダイアトニックコードのⅣ、Ⅰ、Ⅴ、Ⅵmという進行です。

lG     D     lA7    Bm     l

これでコードを押さえるのがだいぶ楽になりました。

ですが次の2小節でコードが1拍づつ変わっているとこがあります。

lG     D     lF#7 A#dim Bm    l

Dコードの次のF#7はBmにいくためのドミナントコードです。
トニック代理のBmへの不安感をあおるためのコードです。

Bハーモニックマイナーだと、F#7はⅤ7となります。

ですがF#7の次に、Bmの半音下のdim(ディミニッシュ)コードからも、ドミナントのアプローチがあり、一瞬暗く悲しい進行となっています。
ちなみに、ちょうど歌詞でも「悲しいんだ」と歌ってますね。

ここでは一旦、F#7とA#dimコードのコードトーン(構成音)を比較してみましょう。

F#7 ファ# ラ# ド# ミ
A#dim ラ# ド# ミ ソ

なんとコードトーンは、ラ#、ド#、ミ#、と3音も一致しました。
このアプローチの仕方は、以前解説した「Lemon」の時のdimと同じですね。

ドミナントコードのルート音を3度の音にし、dimコードに変換させ、悲し気なアプローチをするという米津さんの得意技です。

つまりF#7コードの3度の音のラ#をルート音にし、dimコードに代用したわけです。

よってA#dimのところでF#7を弾いていても、聴こえは決して変ではありません。

初心者の方で、覚える時は1つでもコードを減らしたいという方もいると思うので、今回は省略してしまいましょう。

あと注目すべきは、変拍子があることです。

まずサビ前に2/4(四分の二拍子)でサビに入るとこがあります。
サビ終わりには3/4拍子(四分の三拍子)が入っています。

例えば、一小節がDコードの4/4拍子だとすると
lD(1,2,3,4,)l このように四分音符に対して、ワン、トゥ、スリー、フォー、と一小節をカウントします。

一方、2/4拍子だと
lD(1,2,)l ワン、トゥ、と二拍分だけカウントし、次の小節に進んでいき、また4/4拍子に戻ります。

慣れるまではしっかり原曲に合わせながら練習しましょう。
変拍子は慣れるまでは大変ですが、慣れてしまえば簡単です。

A#dimはF#7を変化させたもの

変拍子の場所を把握する

プレイキーD 半音下げチューニング

アコギ簡単コードver. *ギター半音下げチューニング

・イントロ
lG  D  lA7  Bm  lG  D  lF#7(A#dim)Bm l

lG   D   lF#7  Bm  lG   D   lDsus4     l

lDsus4      l

・Aメロ
lG   D    lA7   Bm   lG   D   lF#7  Bm  l

lG    D   lF#7   Bm  lG   D   lA7   D   l

lA7   D   l

・Bメロ
lEm  D/F# lG   A   lEm  D/F#  lG A D   l

lEm  D/F# lG   A   lG   D   lA(2/4) l

lG        lG     N.Cl

・サビ
lBm  Em  lG A D   lBm  Em  lG A D   l

lBm  Em  lG A D   lF#7 Bm  lG A D   l

lF#7   Bm   lN.C(3/4)   l

lD   A7   lD     Dsus4 Dl

・Aメロ2
lG   D   lA7   Bm   lG   D   lF#7  Bm  l

lG   D   lF#7  Bm  lG   D   lA7   D   l

lA7   D   l

・Bメロ2
lEm  D/F# lG   A   lEm   D/F#  lG A D   l

lEm  D/F# lG   A   lG   D   lA(2/4) lG        l

lG     N.Cl

・サビ2
lBm  Em  lG A D   lBm  Em  lG A D    l

lBm  Em  lG A D   lF#7  Bm lG A D    l

lF#7  Bm  lN.C(3/4)  l

lD  A7  lD    Dsus4 Dl

・間奏
lEm  D/F# lG   A   lEm D/F# lG A D   l

lEm  D/F# lG   A   lG   D   lA(2/4) l

・Bridge
lEm  D/F# lG   A   lEm  D/F# lG A D   l

lEm  D/F# lG   A   lG   D   lN.C(2/4)l

・間奏2
lGM7      lGM7      lGM7      lGM7      l

lGM7      lGM7(2/4) lGM7    N.Cl

・サビ3
lBm  Em  lG A D   lBm  Em  lG A D   l

lBm  Em  lG A D   lF#7  Bm lG A D   l

lF#7  Bm  lG A D   l

・Ending
lF#7  Bm   lG A D   ll

演奏ポイント

女性の方で、もう少し高いキーで歌いたいという場合は、半音下げチューニングをせずに、Dキーで演奏したら、キーが半音上がります。

カラオケだと+1に値します。

もう少し高くしたいという方は、カポタストを使用してください。

カポを1フレットに装着すると、キーが半音上がります。
カラオケだと+1に値します。

2フレットに装着すると、カラオケだと+2です。

「アイネクライネ」のAメロは、ギターの音色が聴こえてくる感じを忠実に再現するよう練習しましょう。

Aメロでのストローク中は、ギターサウンドに休符を入れてメリハリを出すのがポイントです。

 

F#7コードを押さえる時は、ギターネックを握り込むようにし、左手親指で6弦のルート音を押さえます。

この握り型フォームで6弦ルートを押さえることで、セーハコードフォームを避けることができます。

6弦2フレットを左手親指、4弦4フレットを薬指、3弦3フレットを中指、2弦と1弦の1フレットを人差し指でベタッと寝かせて押さえ、5弦はミュートです。

1弦2フレットのファ#は、6弦と4弦でファ#が鳴っているので、省略してミュートでもOKです。

こちらのF#コードフォームではm7thの音が入っていませんが、押さえやすさを優先して、こちらのF#コードフォームを推奨します。

 

D/F#コードも同様で、ローポジションのDコードフォームを押さえ、左手親指で6弦を握り込むように押さえます。

6弦2フレットを左手親指、4弦は開放、3弦2フレットを人差し指、2弦3フレットを薬指、1弦2フレットを中指で押さえます。

5弦は握り込んでいる左手親指の先で触れてミュートです。

プレイキーC 1カポ

・アコギ簡単コードver. *1カポ

・イントロ
lF  C  lG7  Am  lF  C  lE7(G#dim)Am l

lF   C   lE7  Am  lF   C   lCsus4       l

lCsus4       l

・Aメロ
lF   C   lG7   Am   lF   C   lE7  Am  l

lF   C   lE7  Am  lF   C   lG7   C   l

lG7   C   l

・Bメロ
lDm  C/E lF   G   lDm   C/E  lF G C   l

lDm  C/E lF   G   lF   C   lG(2/4)l

lF        lF      N.Cl

・サビ
lAm  Dm  lF G C   lAm  Dm lF G C   l

lAm  Dm  lF G C   lE7  Am lF G C    l

lE7  Am  lN.C(3/4) l

lC   G7  lC    Csus4 Cl

・Aメロ2
lF   C   lG7   Am   lF   C   lE7  Am  l

lF   C   lE7  Am  lF   C   lG7   C   l

lG7   C   l

・Bメロ2
lDm  C/E lF   G   lDm   C/E  lF G C   l

lDm  C/E lF   G   lF   C   lG(2/4)l

lF         lF       N.Cl

・サビ2
lAm  Dm  lF G C   lAm  Dm lF G C    l

lAm  Dm  lF G C   lE7  Am  lF G C   l

lE7  Am  lN.C(3/4)  l

lC   G7  lC    Csus4  Cl

・間奏
lDm  C/E lF    G    lDm  C/E  lF G  C    l

lDm  C/E lF     G    lF    C    lG(2/4) l

・Bridge
lDm  C/E lF    G    lDm  C/E lF G C    l

lDm  C/E lF    G    lF    C    lN.C(2/4) l

・間奏2
lFM7      lFM7      lFM7      lFM7      l

lFM7      lFM7(2/4)lFM7    N.Cl

・サビ3
lAm  Dm  lF G C   lAm  Dm  lF G C   l

lAm  Dm  lF G C    lE7   Am  lF G C   l

lE7   Am   lF G C    l

・Ending
lE7  Am  lF G C   ll

演奏ポイント

続いては1カポver.です。

原曲キーD♭に対して、ギターの1フレットにカポを装着することによって、プレイするキーを半音下げます。

つまりプレイするキーはCになります

カポを1フレットに装着で、原曲キーになります。

もう少し高く歌いたいという方は、カポを2フレット以降にずらして、自分の歌いやすい音域を探してください。

逆に少し高くて歌えないという方は、カポを装着せずに演奏すれば、カラオケでいう-1になります。

 

C/Eコードは、6弦開放に5弦を押さえている指が触れてしまわないように気をつけましょう。

プレイキーG 6カポ

・アコギ簡単コードver. *6カポ

・イントロ
lC   G  lD7   Em  lC   G   lB7(D#dim)Em  l

lC   G   lB7  Em  lC   G   lGsus4        l

lGsus4       l

・Aメロ
lC   G   lD7   Em   lC   G   lB7  Em  l

lC   G   lB7  Em  lC   G   lD7   G   l

lD7   G   l

・Bメロ
lAm  G/B lC   D   lAm  G/B lC D G   l

lAm  G/B lC   D   lC   G   lD(2/4)l

lC        lC     N.Cl

・サビ
lEm  Am  lC D G   lEm  Am  lC D G   l

lEm  Am  lC D G   lB7  Em lC D G   l

lB7  Em  lN.C(3/4) l

lG   D7  lG    Gsus4  Gl

・Aメロ2
lC   G   lD7   Em   lC   G   lB7  Em  l

lC   G   lB7  Em  lC   G   lD7   G   l

lD7   G   l

・Bメロ2
lAm  G/B lC   D   lAm   G/B  lC D G   l

lAm  G/B lC   D   lC   G   lD(2/4)l

lC        lC      N.Cl

・サビ2
lEm  Am  lC D G   lEm  Am  lC D G   l

lEm  Am  lC D G   lB7  Em lC D G   l

lB7  Em  lN.C(3/4) l

lG   D7  lG    Gsus4  Gl

・間奏
lAm  G/B lC    D    lAm  G/B lC D G    l

lAm  G/B lC    D    lC    G    lD(2/4)l

・Bridge
lAm  G/B lC    D    lAm  G/B lC D G    l

lAm  G/B lC    D    lC    G    lN.C(2/4)l

・間奏2
lCM7      lCM7      lCM7      lCM7      l

lCM7      lCM7(2/4)lCM7    N.Cl

・サビ3
lEm  Am  lC D G   lEm  Am lC D G   l

lEm  Am  lC D G   lB7  Em lC D G   l

lB7  Em  lC D G   l

・Ending
lB7  Em  lC D G   ll

演奏ポイント

こちらはカポを6フレット装着で、原曲キーとなります。

原曲キーでは高くて歌えないという方は、カポを4フレットに装着で全音下がりますので、カラオケでいう-2になります。

プレイキーGのまま演奏すると、カラオケでいうと-6になります。

高くて歌えない方は、これで自分のキーを探してみましょう。

 

B7コードを押さえる時は、ローポジションのコードフォームを覚えてしまいましょう。

5弦2フレットを左手中指、4弦1フレットを人差し指、3弦2フレットを薬指、2弦は開放、1弦2フレットを小指で押さえます。

6弦は、5弦を押さえている中指の先で触れてミュートします。

ちなみにこのB7コードフォームの、4弦1フレットを押さえている左手人差し指を離し、開放にするとBm7コードとして成立します。

G/Bコードの押さえ方はこちらです。

押さえ方は、5弦2フレットを左手人差し指、4弦と3弦を開放、2弦3フレットを薬指、1弦3フレットを小指で押さえ、6弦は5弦を押さえている人差し指の先で触れてミュートします。

2弦3フレットで押さえている音はレですが、2弦を押さえずに開放のシとしても利用可能です。

まとめ

今回は「アイネクライネ」の簡単コードver.を3種類用意してみました。

ぜひ、自分にあった音域を探して、演奏してみてください。

この曲は変拍子が入っていますが、これを気に変拍子に対して免疫をつけておきましょう。

変拍子は感覚を掴むまでは大変かもしれませんが、一度掴めば後は身体が覚えてくれますので、臆することはありません。

米津さん特有のdimコードのアプローチもこれでカバーできますが、慣れてきたら付け足してみましょう。

アコギ1本で演奏するかたは、Aメロ、Bメロ、サビのサウンドの緩急も忘れずに。

もちろん曲の構成をアレンジするのも全然ありです。

例えば、間奏やBridgeは省略して、1番と2番を演奏して終わり、というような構成にして練習してもいいでしょう。

アレンジに正解はありません。

タイトルとURLをコピーしました