オルタード・スケール/ジャズ・ギター必修スケール

オルタードスケールを弾くジャズギター

今回は、ジャズギターにおいても頻繁に使用される【オルタード・スケール】について解説し、ギター指板上のボックスポジションも加えてご紹介します。
オルタードスケールとは、メロディックマイナースケールの7番目の音から派生する、ドミナント(不安)系スケールです。

キーをCメジャーと考えた場合、ダイアトニックコード上でのドミナントコードはG7(Ⅴ7)になります。
今回はこのG7コードを取り上げて解説していきます。

Gオルタード・スケール
ソ、ラ♭、ラ#、シ、ド#、ミ♭、ファ
スポンサーリンク

不安のドミナントコード

キーがCメジャーの楽曲で、G7→CM7というドミナントコードからトニック(安定)コードへ解決するコード進行があった場合、G7コード上で使用できるスケールは、もちろんCメジャースケール(ドレミファソラシ)と考えられます。

ここでG7コードのコードトーン(コード構成音)を見てみましょう。

G7コード・トーン
ルート・・・ソ
メジャー3rd・・・シ
パーフェクト5th・・・レ
マイナー7th・・・ファ

さらに、コードトーンと同時に使用して、一種の緊張感を感じさせることのできるノンコードトーンであるテンションノートも確認していきましょう。

G7コード・テンション
9th・・・ラ
11th・・・ド
13th・・・ミ

*コードネームに対して追記される、G7の7や、または(11)や(13)は、ルート音に対してのインターバル(音の距離)、つまり度数を表しています。
一見すると9th音はルート音より1音(全音)高い音なので、2ndと表記されそうですが、コードの近いところで2ndの音を弾くと、ルートとぶつかり濁りやすいということで、通常は1オクターブ高いところで弾くため、9thという表記になります。

テンションをオルタード(Altered/変化した)

G7コードのテンションを確認してみると、ラ、ド、ミとなっています。
実は、G7コードからCM7コードへ進行する上で、G7コード上でテンションであるラ、ド、ミを弾くと不安感が薄れてしまいます。

キーがCメジャーにおいて、ラは暗く落ち着く音、ドは1度の音で明るく落ちく音、ミも明るく安定度の高い音です。
そのため、不安感が薄れてしまい、ドミナントコードのG7からトニックコードのCM7に向かうドラマチックさは減少してしまいます。

そこで緊張感を演出するため、テンションを半音ズラすという発想が生まれました。
ラ、ド、ミを半音ズラすことで得られるテンションは次の4音です。

【ラ♭、ラ#、ド#、ミ♭】
*13thを半音上げるとm7thになるので除外します。

この半音ズラす行為を”オルタード”(Altered)と言い、この半音ズラしたテンションをオルタード・テンションと言います。
これらのオルタードテンションをG7(ドミナントコード)上で使用することで、非常に高い不安感を演出することできるということです。

そしてこのオルタードテンションを、G7のコードトーンに組み合わせたのがGオルタードスケール(オルタード7thスケール)になります。

オルタードスケールの構成音


オルタードスケールの構成音はこうなります。

オルタードスケール
構成音・・・Tonic、♭2nd、#2nd、3rd、#4th、♭6th、♭7th
使用コード例・・・マイナー7th♭5、ドミナント7th

これをGオルタードスケールで考えるとこうなります。

Gオルタードスケール
構成音・・・ソ、ラ♭、ラ#、シ、ド#、ミ♭、ファ

Gオルタードスケールを見てもらうとわかる通り、パーフェクト5thの音であるレの音が無くなっています。
なぜ省略されているかと言いますと、5thの音であるレの音だけが、次のコードであるCM7の構成音へのインターバルは、どのコードトーンを見ても1音の移動になります。
ルート音であるソは、CM7のパーフェクト5thと同一ですが、スケールの主音として存在します。

そしてこのソ、シ、ファにオルタードテンションを加えたのが、Gオルタードスケールになります。

ギター指板のオルタードスケール

それでは実際に、ギターでオルタードスケールを弾いてみましょう。
今回は、使用しやすいボックスポジションを3ノートエクササイズ(1弦につき3音)で2つご紹介します。

オルタードスケール/ポジション1


まずポジション1のオルタードスケールでは、6弦3フレットを左手人差し指で始めるボックスポジションです。

・左手指使い f(フレット)
6弦 3f人差し指 4f中指 6f小指
5弦 2f人差し指 4f中指 6f小指
4弦 3f人差し指 5f薬指 6f小指
3弦 3f人差し指 4f中指 6f小指
2弦 4f人差し指 6f中指 8f小指
1弦 4f人差し指 6f中指 7f小指

オルタードスケール/ポジション2


ポジション2のオルタードスケールでは、5弦10フレットを左手人差し指で始めるボックスポジションです。

・左手指使い f(フレット)
6弦 9f人差し指 11f中指 13f小指
5弦 10f人差し指 11f中指 13f小指
4弦 9f人差し指 11f薬指 13f小指
3弦 10f人差し指 12f中指 13f小指
2弦 11f人差し指 12f中指 14f小指
1弦 11f人差し指 13f中指 15f小指

おわりに

今回は、かなり緊張感の高いドミナント系スケールとして、オルタードスケールを解説しました。

エクササイズは無理に速く弾こうとする必要はありません。
オルタードのインターバルを意識して取り組んでみてください。