【アルペジオ入門】TAB譜&楽譜/ギター初心者でも簡単

真夏果実風のギターtab譜と楽譜

今回は、アコースティックギター”アルペジオ奏法“について解説。

当サイトの目標で、ゆくゆくは読者の皆さんが自分で好きな曲を選んで、自分なりにソロギターアレンジをできるようになってもらうことが1つあります。

シンガーソングライター志望の方や、アコギ弾き語りをしている方では、イントロや間奏(もちろん曲中にも)で使えるようなテクニックの習得のお役に立つはずです。

この「アコギ脳」シリーズでは、TAB譜と楽譜を併用しながら実践的なエクササイズを行っていきます。

*ソロギターtab譜&楽譜集をプリントアウトしたい方は、こちらよりご購入ください。
『J-POPソロギター集』マッスルスコア
スポンサーリンク

アルペジオとは

まずアルペジオとはなんなのかと言いますと、コード和音)を鳴らす時に、コードトーン構成音)を同時に鳴らすのではなく、バラバラに鳴らすことをアルペジオ奏法といいます。

例えばギターでアルペジオを弾こうと思ったら、まずはコードを押さえて、ルート音の低い音から順番に1弦に向かっていくという奏法や、または逆に高い音の1弦側から6弦側に上がってくるような様々な奏法があるのです。

他にもハンマリングやプリングといった奏法を組み入れながらアルペジオを弾くという手段もあります。一概に「これが基本のアルペジオパターンです」、といったものはありません。

エレキギターでのアルペジオ奏法をする時は、ピックを使って演奏する、またはピック&指を使って演奏する方が多数だと思います。

もちろんアコースティックギターの場合でも同じなのですが、ここではぜひピックを使わずに指だけで、指弾きフィンガーピッキング)アルペジオ奏法にチャレンジしてください。

指弾きができると、ソロギターが演奏したい方だけではなく、アコギで弾き語りをしている方や、シンガーソングライターの方にも、伴奏中はもちろん、イントロや間奏で、今までと違ったアプローチの仕方ができるようになり、表現幅の選択肢が格段に増えるはずです。

それでは、実践的なエクササイズのほうにいってみましょう。

アルペジオ/エクササイズ・トレーニング1


*目標テンポ80

まずこちらの譜面を見てください。
キーがCメジャーのコード進行です。

Cメジャーダイアトニックコードの、Ⅰ-Ⅴ-Ⅵm7-ⅣM7の進行、つまり1-5-6-4の進行で感動コード進行で作成してみました。

*Cメジャーダイアトニックコード
ⅠM7 CM7 T
Ⅱm7 Dm7 SDⓢ
Ⅲm7 Em7 Tⓢ
ⅣM7 FM7 SD
Ⅴ7 G7 D
Ⅵm7 Am7 Tⓢ
Ⅶm7♭5 Bm7♭5 Dⓢ

*ⓢ・・・代理
*T・・・トニック(安定)
*SD・・・サブドミナント(少し不安定)
*D・・・ドミナント(不安定)

こちらの譜面の演奏のポイントとしまして、アルペジオの始まりの音は全てルート音となっています。

ここで気をつけてもらいたいのが、ルート音を弾いている最初の音符は全音符となっています。
しっかりと小節いっぱい音が伸びるように気をつけましょう。

ちなみに、8分音符のコードトーンも音が伸びていてかまいません。
そうほうがアルペジオでの音のボリュームが増します。

逆に、状況によってはしっかりと音符通りに音が重ならないよう弾いたほうが好ましい時もあるのです。

それとエクササイズを演奏する時は、タブ譜だけではなく楽譜も見て、しっかり音の長さも確認しましょう。

こちらのエクササイズでは、1小節の内前半が8分音符で、後半が2分音符となっています。

右手の指使いに関しては、6弦から4弦までの低音弦を親指で弾くようにし、3弦から1弦の高音弦を人差し指、中指、薬指を使って捉えるように意識してください。

この指使いも、厳密には決められていませんので、お好きに変えてもらってもかまいません。

ちなみにクラシックギタリストは、右手の指自体が弦の当たるというよりは、指の爪を使い弾きます。

次に注目してもらいたいのがFM7の小節です。
このFM7コードを押さえる時のコードフォームは、左手を握り込むようにして親指で6弦1フレットのファを押さえてください。

それに続き薬指で4弦3フレット、中指で3弦2フレット、人差し指で2弦1フレットを押さえます。
この時に2弦1フレットを押さえた人差し指が1弦に触れてしまわないように気をつけましょう。

初心者の方は、テンポをゆ~~っくり遅くし、指の確認とともに始めてみてください。
まずは確実に正確に、テンポ60で弾けることを目指しましょう。

ルート音やコードトーンは次のコードチェンジの時まで伸ばしていてOK
譜面によって音を伸ばすのが好ましくない場合はしっかりと特定の音をミュート

TAB譜だけではなく、楽譜も併用する

・右手
6~4弦を鳴らす時は親指
3~1弦は、人差し指、中指、薬指

・左手
他の弦に触れないように、フレットを確実に押さえる
逆に鳴らしたくない弦は触れてミュートする
握り込み型のFコードフォームも習得する

アルペジオ/エクササイズ・トレーニング2


*目標テンポ80

続いてはエクササイズ1を少し発展させたアルペジオフレーズです。

後半の2小節もともに8分音符のフレーズとなっています。
3拍目の裏から、右手の中指と人差し指の交互となりますが、リズムがブレないように気をつけましょう。

特に指使いは変わりありませんが、演奏上気をつけるポイントは、小節が終わるギリギリまで8分音符があるので、素早くコードチェンジができない方もおられるかと思います。

そんな方は、まず最初に鳴る音から押さえにいってください。

例えばCコードの小節の最後の8分音符の2弦1フレットのドを弾いて、次の小節の頭で素早くGコードが押さえれればいいですが、それができなくても全然大丈夫です。

2弦1フレットのドを弾いたら、まずは左手の薬指を意識し6弦3フレットを押さえ、右手の親指で鳴らします。

次に4弦、3弦、2弦の開放弦を鳴らしていきながら、1弦の3フレットを鳴らすタイミングで左手の小指で押さえればなんの問題もありません。

それに加え、6弦3フレットのソの音が鳴っている2小節目の頭で、まだ2弦1フレットのドの音が鳴っていないように気をつけてください。

何度も言いますが、このエクササイズトレーニングでは、ルート音やコードトーンは音が伸びていることが好ましいです。

しっかりと次のコードチェンジまでルートが鳴っていることを確認しながら行ってください。

ベース音となるルート音を次のコードチェンジまでしっかりと伸ばす
アルペジオ奏法をする中で、適切な弦を鳴らしながらコードチェンジができれば問題ない

アルペジオ/エクササイズ・トレーニング3


*目標テンポ80

続いてのエクササイズフレーズは、小節の1拍目の頭のフレーズが複音となっているパターンです。

こちらのフレーズは1拍目で音を同時に3つ鳴らし、右手の指使いは、親指でルート音の低音弦、人差し指と中指を使って3弦と2弦と捉えます。そして右手で同時に弦をつま弾き。

わざとジャララァ~ンとタイムラグを生み出したい場合は、同時につま弾くのではなく、親指、人差し指、中指の順番に、少しズラように鳴らしましょう。

3拍目の音は2分音符なので、しっかりと拍数分だけ音を伸ばすように気をつけてください。

続いては、アルペジオ奏法の課題エクササイズに挑戦してみましょう。

「真夏の果実」風アルペジオ

*目標テンポ90

こちらの課題エクササイズは、国民的バンドのサザンオールスターズの「真夏の果実」風なフレーズになっております。原曲ではありませんのでお気を付けください。

こちらのエクササイズでも、1拍目の頭で3つの音を同時に鳴らす小節があります。
この時も低音弦を親指で捉え、2弦を中指、1弦を薬指で捉えつつ、人差し指で次の音を弾く準備をしておきましょう。

3小節目のAm7の小節と、4小節目のEmの小節では、付点4分音符が出てきます。
音符の長さは<4分音符+8分音符>です。

3小節目のAm7の小節と、4小節目のEmの小節では、3拍目の頭で付点4分音符が出てきており、次の音は4拍目の裏で鳴っていますので、しっかりと音符の長さを意識しましょう。

4小節目のEmの小節では、運指がいきなり7フレットまで飛びます。
その時もベース音となる、6弦開放のミの音がしっかりと鳴っているようにしましょう。

1弦7フレットは左手人差し指、2弦8フレットは中指で捉え、1弦開放のミを鳴らしたら、すぐさまFadd9コードのポジションに移動します。

6小節目のCコードの小節では、メロディラインが8分音符で動き、この時も1拍目の頭で押さえた5弦3フレットのドの音を押さえたまま、ベース音としての音のキープを心がけましょう。

5弦3フレットのドの音を押さえたままメロディラインを弾くので、指使いは2弦1フレットと1弦1フレットを人差し指、2弦3フレットは小指で捉えます。

おわりに

今回のアルペジオ奏法のエクササイズをご紹介しました。まずはゆっくりと指使いを確認しながら取り組んでみてください。
徐々に指で弾く運動神経、つまりアコギ脳が鍛えられていきます。

指だけを使ってギターを鳴らす指弾きは難しいイメージがあるかと思いますが、しっかりと指弾きのトレーニングを積んでいけば誰でもできるようになることは間違いありません。

ソロギターを弾きたい方だけではなく、シンガーソングライターの方や、アコギで弾き語りをしている方にも、表現の選択肢の幅が広がるでしょう。

世の中には障害で指の本数が足りない方もいます。
ですがそんな方の中にも、指弾きギタリストとして、楽器演奏者として難なくプレーしている方もおられます。

ぜひともフィンガーピッキングに挑戦してください。