【木蘭の涙】コード進行解説

木蓮の華

「木蘭の涙」スターダストレビュー/作詞:山田ひろし 作曲:柿沼清史
今回は日本が誇る名曲、「木蘭の涙」のコード進行を見ていきましょう。

若い方では、この曲を最近知ったという方もおられるのかもしれません。今回はこちらのアコースティックLive ver.のほうを見ていきます。

「木蘭の涙」コード進行

*Liveアコースティックver.

・イントロ Piano solo
|CM7    |Bm7    |Am7    |Am7/D   |

・イントロサビ
|CM7  Bm7  |Em     |CM7  Bm7  |D      |
|CM7  Bm7  |Em     |CM7  Bm7  |Em     |

・Aメロ
|G  CM7  |Bm7  Em  |Am7  Bm7  |Am7  Am7/D-D7 |
|G  CM7  |Bm7  Em  |Am7  Am7/D-D |Gsus4  G  |

|G  CM7  |Bm7  Em  |Am7  Bm7  |Am7  Am7/D-D7 |
|G  CM7  |Bm7  Em  |Am7  Am7/D-D |G     B7 |

・Bメロ
|Em7    |Bm7    |Am7  Am7/D|G    B7 |
|Em7    |Bm7    |Am7    |Am7/D   |D     |

・サビ
|CM7  Bm7  |Em    |CM7  Bm7  |D      |
|CM7  Bm7  |Em    |CM7 Bm7  |Em    |

・Aメロ2
|G  CM7  |Bm7  Em  |Am7  Bm7  |Am7  Am7/D-D7|
|G  CM7  |Bm7  Em  |Am7  Am7/D-D|G    B7 |

・Bメロ2
|Em7    |Bm7    |Am7  Am7/D|G    B7 |
|Em7    |Bm7    |Am7    |Am7/D    |
|D…….(free tempo)|

・サビ2
|CM7  Bm7  |Em    |CM7  Bm7  |D      |
|CM7  Bm7  |Em    |CM7  Bm  |Em    |

|CM7  Bm7  |Em    |CM7  Bm7  |D       |
|CM7  Bm7  |Em    |CM7  Bm7  |Em    |

・Ending Piano solo
|CM7    |CM7    |GM7    |GM7    |
|CM7    |CM7    |Em7♭5/F Em7♭5  |

|Em7♭5/D#  D  |Gsus4    |G      ||

「木蘭の涙」コード進行解説 

全体的に、シンプルなコード進行で構成されています。この曲のキーはGメジャーキーです。
Gメジャーダイアトニックコードを見てみましょう。

GM7 ⅠM7 T
Am7 Ⅱm7 SDⓢ
Bm7 Ⅲm7 Tⓢ
CM7 ⅣM7 SD
D7 Ⅴ7 D
Em7 Ⅵm7 Tⓢ
F#m7♭5 Ⅶm7♭5 Dⓢ

*ⓢ・・・代理
*T/トニック・・・安定
*SD/サブドミナント・・・少し不安定
*D/ドミナント・・・不安定

・Aメロ
|G  CM7  |Bm7  Em  |
|Am7  Bm7  |Am7  Am7/D-D7 |

|G  CM7  |Bm7  Em  |
|Am7  Am7/D-D |Gsus4  G  |

|G  CM7  |Bm7  Em  |
|Am7  Bm7  |Am7  Am7/D-D7 |

|G  CM7  |Bm7  Em  |
|Am7  Am7/D-D |G     B7 |

Aメロでは、4小節かたまりおきに後半の2小節が変化する形で進んでいきます。
初めは安定のG、次に少し不安定なC、そして暗く落ち着くBmとEmときて、その後の2小節が変化。

よく出てくる「Am7/Dとはなんなんだろう」と思った方もおられるかもしれませんので、少し解説します。
まずベース音だけ変わるonコード自体、局面局面で使われ方が違います。

Amの雰囲気も残しつつDコードの持つドミナント感も出したいという時、「次はDに行きますよ」という時のワンクッションをおくときなど、作曲者によって解釈は様々。

もう1つ重要なのが、コードトーンの動きがメロディアスに聴こえるということ。
Am7/DのコードトーンとD7のコードトーンを見てみましょう。

Am7/D レ ラ ド ミ ソ
D7 レ ファ# ラ ド

例えばAm7/Dを弾く時に、トップノート(1番高い音)でソを弾いたとして、次にD7のファ#のトップノートを弾くと半音違いのメロディアスなつながりになります。

コード表記は作曲者が楽譜を直接出してない限り、表記した人の解釈により表記。
上記のAm7/Dは、人によってC/Dと解釈するかもしれません。

このⅡm7/Ⅴや、Ⅳ/Ⅴはサビ前などでも多用されていますので、ぜひ響きを覚えること、onコードの特性を理解することが大切です。
例えば一青窈さんの大ヒット曲、「ハナミズキ」のサビ前ではⅣ/Ⅴが使われています。

Aメロの終わりでダイアトニックコードにはないB7が出てきました。
こちらはEmへ行くためのドミナントとして、EハーモニックマイナーのⅤ7からの登場です。

・Bメロ
|Em7    |Bm7    |
|Am7  Am7/D|G    B7 |

|Em7    |Bm7    |
|Am7    |Am7/D   |D     |

Bメロでは、トニック代理のEmからBmへ、サブドミナント代理のAmからonDへいってG、そしてⅢ7の切なく緊張感を持ったB7からEmでまた暗くなるという進行。曲調的にBメロで一旦盛り下がるといった感じです。

そして最後の2小節で、一気に不安感と高めるといったコード進行になります。不安作りをするBメロといってもいいでしょう。

・サビ
|CM7  Bm7  |Em    |
|CM7  Bm7  |D      |

|CM7  Bm7  |Em    |
|CM7 Bm7  |Em    |

サビの進行では、ⅣM7-Ⅲm7-Ⅵmでひとかたまり。次の変化がⅣM7-Ⅲm7-Ⅴ(7)です。
このシンプルなコード進行だからこそ、メロディがスッと覚えられてしまうということもあります。

|Em7♭5/F Em7♭5 |
|Em7♭5/D#  D  |Gsus4    |G      ||

エンディングで使用されているEm7♭5は、トニック代理の暗く落ち着くEmをさらに悲しく、暗く聴かせるために変化させたものでしょう。
ベース音はFから半音づつドミナントのDに向かって進みます。この単音のベース音の動きを、クリシェといいます。バラードでも多用される手法です。

Em7♭5などのマイナーコード上でのクリシェの動きによって、切なさや哀愁感が増します。情感に働きかける効果はとても高いです。
もし作曲やアレンジ、カバーのライブなどで少し違った感じにしたかったら、ぜひ取り入れてみてください。

まとめ

「木蘭の涙」のポイントをまとめておきましょう。

・小節ごとのブロックがはっきりしている。
・コード進行がシンプル
・Ⅱm7/Ⅴが曲調のクッションを作っている。
タイトルとURLをコピーしました