【ハッピーバースデイ】ソロギターTAB譜&楽譜

ハッピーバースデーソロギターのtab譜と楽譜

今回は皆さんと一緒に、楽曲のソロギターアレンジを取り組んでいきます。
取り上げる曲は、世界中で歌われ人々に愛される曲「Happy Birthday to You」です。

世界のどこかで毎日歌われている曲でもあります。
そんな「Happy Birthday to You」を分析しながら、アコギで簡単ソロギターバージョンへとアレンジしていきましょう。

*ソロギターtab譜をプリントアウトしたい方は、こちらよりご購入ください。
『ハッピーバースデイトゥーユー』マッスルスコア
スポンサーリンク

「ハッピーバースデイ」コード進行

まずはコード進行からチェック。伝統的な曲なので様々なバージョンがありますが、3/4(四分の三拍子)でキーをCメジャーとして解説します。

3/4なので、1小節は4分音符が3つ分です。小節ごと4分音符を「1、2、3(ワン、トゥ、スリー)」とカウント。

(3/4)
|N.C |C    |G    |G    |C    |

|C    |F    |C  G|C    ||

出てくるコードは3つです。
CメジャーダイアトニックコードのⅠとⅣとⅤの3つになります。
*Cメジャーダイアトニックコード
ⅠM7 CM7 T
Ⅱm7 Dm7 SDⓢ
Ⅲm7 Em7 Tⓢ
ⅣM7 FM7 SD
Ⅴ7 G7 D
Ⅵm7 Am7 Tⓢ
Ⅶm7♭5 Bm7♭5 Dⓢ

*ⓢ・・・代理
*T・・・トニック(安定)
*SD・・・サブドミナント(少し不安定)
*D・・・ドミナント(不安定)

「ハッピーバースデイ」メロディライン

続いてはメロディラインをチェックしましょう。キーがCメジャーだと、こういうメロディラインになります。
(16分音符は8分音符のシャッフルとして捉えてもOK)

まずはメロディだけをフィンガーピッキング(指弾き)で弾いてみましょう。
メロディは1~3弦の使用なので、右手の指使いに特にこだわったプレイスタイルが無い方は、3弦を人差し指、2弦を中指、1弦を薬指で捉えましょう。

それでは続いて、コード進行を元にベース音となるルート音を足していきます。

ベース音を付け足す

ベース音となるルート音を付け足すことによって、自ずと左手の指使いも見えてきます。
2小節目のCコードの小節では、左手薬指で5弦3フレットのド、そして中指で3弦2フレットのラを捉えます。

4小節目のGコードの小節でも同様で、左手薬指で6弦3フレットのソを、3弦2フレットのラは中指で捉え、2弦3フレットのレを押さえる時は小指で捉えます。

6小節目のCコードの小節では、左手薬指で5弦3フレットのドを、1弦3フレットのソは小指で捉えます。

7小節目のFコードの小節では、握り込みフォームで左手の親指で6弦1フレットのファを押さえ、3弦2フレットのラは中指、1弦1フレットのファは人差し指で捉えます。

8小節目の3拍目ではGコードにチェンジします。
左手の指使いは薬指で6弦3フレットのソを、小指で2弦3フレットのレを捉えます。

続いてはもう少しだけ音を足していき、ソロギターアレンジ全体を豪華にしていきましょう。

コードトーンを付け足す

*目標テンポ80

こちらが「Happy Birthday」ソロギターの完成型です。

3弦と2弦を同時に弾く時は、右手人差し指で3弦を、中指で2弦と捉えます。
3弦~1弦を同時に弾く時は、右手人差し指で3弦、中指で2弦、薬指で1弦を捉えます。

6小節目のCコードの1拍目では「ジャラァ~ン」とストロークで鳴らすのが曲調に幅が出て良いと思います。

9小節目の最後の小節では、5弦3フレットを右手親指で、4弦2フレットを人差し指、3弦開放を中指、2弦1フレットを薬指で弾きます。

おわりに

今回はソロギターへのアレンジ方法を順を追って解説していきました。
もっと音数を増やしたい方や、逆に音数を減らし簡単にしたい方は、それぞれの好みでアレンジしてみてください。

皆さんもこのような感じで、自分の好きな楽曲をアコースティックギターソロギターバージョンへとアレンジしていってください。