ミュージシャンの【ホームページ制作】SEO対策&ブログ運営

ホームページを制作

ミュージシャン、アーティストの皆さん、またはブロガーになりたい皆さん、Webサイトの構築はもう済みましたでしょうか?

以外と軽く見られているホームページブログですが、活動の上でとても重要な役割を果たしてくれます。

「他のSNSがあるから」「バンドメンバーが集まってから」「まだ大物じゃないし…」「作るの難しそう…」なんて言葉が聞こえてきそうですが、アーティストを目指す中で、情報の中心となるホームページがないのはとてももったいないことです。

今回は自身のブランディングの上で、とても重要な役割を果たすホームページの構築術についてと、初心者の方でもわかるWeb知識を解説していきます。

スポンサーリンク

ホームページはSNSの腹筋

まずホームページというのは、ネット上の名刺変わりであり、包括的な情報のまとまったページです。

例えば、あなたが各SNSをやられていたとして、各SNS及び、プラスαした情報をまとめられるのがホームページです。

Facebookでいくら情報をまとめようとしても、そこにはフォロワーの各アカウントがあり、そのアカウントからのフォローを受けなければ、あなたの情報発信はリアルタイムで届かない、または無駄になってしまいます。

つまりホームページ的なサイトを1つ用意しておくだけで、潜在的なフォロワーも含め、気軽にアクセスしやすい環境が整います。

まさに、あなたの情報網を中心から支える腹筋と言っても過言ではありません。

ホームページは俯瞰的であり中心から情報を支える存在
HP
 ↑まとめる
FacebookTwitterInstagramYouTube
そんな俯瞰的なWebサイトを、WordPressで構築することを、僕自身おすすめしております。

【WordPress】ワードプレスで作るホームページ、ブログ

まずWordPress(ワードプレス)とは、ホームページやブログを構築するCMS(Content Management System)と言われるシステムです。

世界中のWebサイトの1/3はWordPressで構築されているとも言われています。

ではなぜ、WordPressを薦めるかと言いますと、理由は3つあります。

Googleが推奨しているから

自由度が高い

収益化もしやすい

まず1つ目は、Googleが推奨しているからです。
そしてもう1つは自由度が高いということです。
自分自身の好きなようにデザインできますし、ホームページとしても、ブログとしても利用可能です。
画像だけでなく、YouTubeやTwitterなどの埋め込みも簡単にできてしまいます。
もちろんそのためにはCSS言語の知識などがいりますが、あらかじめデザイン加工された有料テンプレートを使用するのも手ではあります。
3つ目は収益化しやすいということです。

WordPressは収益化がしやすい

これは「副業術」でも解説しましたが、あなたがA8.netもしもアフィリエイトなどのアフィリエイトサイトに登録し、アフィリエイトからの収益化を企てても、自由であり、広告の設置に関しても自分の好きな場所に設置可能です。
一方で、既存のブログサービスを使用した場合、アフィリエイトやGoogle AdSenceなどの広告配信が制限される恐れがあるということです。
もっと言及すれば、これから先に制限される可能性が高いということです。
アーティストやミュージシャンの方であれば、グッズやCDをプラグインを使って販売することも簡単にできます。
もちろん元からある物販ページとのリンクボタンも設置可能です。
ドメイン代やレンタルサーバー代が継続費用でかかりますが、初めから収益化を試みている方であれば十分に元は取り戻せますし、未知のリターンは無限大です。

SEO対策

WordPressのデメリットとして、既存のブログサービスなどの同じブログ内でのコミュニティやランキング制度などもないので、検索エンジンという大海原に飛び込むことになります。

検索エンジンに引っかかるためにはSEOの知識が必要最低限は必須です。
はじめてのSEO対策】ではSEOの全体をわかりやく解説していますので、よければそちらもご一緒にどうぞ。

SEOについてGoogleが詳細に検索アリゴリズムを公表しているわけではないのですが、様々な企業や個人の識者が、これまでのSEOの傾向を研究しているので、書籍やブログなどから情報を集めてみてください。

SEOとは

そもそもSEOとは、サーチエンジンオプティマゼイション(Search Engine Optimization)の略で、検索エンジンからの流入を最適化させるといった目的です。

SEOは追及するとかなり詳細になりますが、ブログとして更新するのが目的の方ですと、検索キーワードを意識しながらキーワードをタイトル見出し文章に織り込みながら記事を書く、さらにどのターゲットに向かって情報を発信しているのかを自分自身で明確にしなければなりません。

例えば、上記の見出し文の『WordPressは収益化がしやすい』を見てください。
特にこだわる必要がなければ、見出し文は『収益化しやすい』でも問題ありません。

ですがSEOをこだわるのであれば、かなりコアですが【WordPress】【収益化】といった2つのキーワードを織り込んだほうが、よりbetterであります。

ターゲットを細分化する

ターゲットを細分化することで、キーワードをより具体的に絞り込めるはずです。

これはブログ記事で更新していこうと考えの方は、特に重要です。

例えば当サイト【ギタリストマッスル】では主にギターや健康などの記事を更新していますが、その記事はギター初心者向けなのか、それとも中級者向けなのか、健康に関しては、筋トレに関してか、それとも睡眠に関してか、さらに睡眠では、睡眠を使って記憶力を上げたいのか、または疲労を取り除きたいのか、ここまでSEOを意識して記事を更新しなければ、ゴーストライターを雇って更新しているビックサイト(記事数が何百数とあるサイト)には検索順位でひけをとることになります。

独自ドメインを取得する

アーティストの方々の場合どうSEO対策するかと言うと、まずはアーティスト名またはバンド名で検索されて検索順位が1位になるようにサイト構築しましょう。

具体的にはサイトを構築する上で必ずやってもらいたいのが独自ドメインの取得です。

ドメインインターネット上の住所

独自ドメインで運営しているか運営していないかで、SEO的に即効性がかなり変わる可能性があります。

既存のサービスを利用してホームページを構築する多くの場合では、無料プラン有料プランがあります。

無料プランでのドメインは、必ず使用しているサービスからの派生したドメインになります。

(例)
アメブロ
ameblo.jp/guitarist-muscle

はてなブログ
guitarist-muscle.hatenablog.com

Wix
wixsite.com/guitarist-muscle

Jindo
guitarist-muscle.Jimdofree.com

ぺライチ
peraichi.com/~~/guitarist-muscle

つまり独自ドメインでない限り、既存のサービス内の枝分かれサイトとしてGoogleに評価される恐れがあります。
アーティストの方々の場合、無料ドメインでも継続して更新することによって【アーティスト名】で検索上位を確保できる可能性はありますが、ブログとして更新していく場合は、すぐにでも独自ドメインを取得したほうが良いです。
さらに独自ドメインを取得しない無料ですと、広告が配信されます。
このホームページは○○を使って作成されました。あなたも無料で作ってみませんか?
皆さんも1度はこのような広告を見たことがあると思います。
これはホームページサービスを提供している企業が、集客のために配信している広告です。
特にアーティストの方のページで、このような広告が配信されているのは問題ですし、個人的にはありえないと思います。
ファン層の方々が見た時の見栄えは、広告があるかないかでは天と地の差です。
対策としましては、有料プランに契約変更する、またはWordPressに移管すのが良いでしょう。
独自ドメインを取得するツールとして、お名前.comまたはムームードメインが主流で、さらに年間費用も安いです。
独自ドメインの決め方につきましては、アーティスト名またはバンド名、またはブログサイト名にちなんだアルファベットにし、なおかつシンプルに長すぎないようにつけましょう。

Google Analytics (アナリティクス)

これだけはやっておきたいSEO対策ツールとしまして、Google Analytics(アナリティクス)というツールがあります。

アナリティクスをホームページに導入することで、PV数、観覧されたページ、ユーザー数、どういったキーワードで検索されたか、さらにはリアルタイムでのユーザー数またはユーザーがどのページを観覧しているかが、一目でわかります。

アナリティクスを導入することで、キーワードの見直し、記事タイトルの見直し、人気のページとそうではないページの比較対策ができます。

おわりに

皆さんのホームページ制作に、少しでも役立てば光栄です。

ぜひとも独自ドメインを使用したサイト運営をおすすめします。
ブログで稼ぎたい、副収入を得たいという方は、WordPressの検討をおすすめします。