金沢のおすすめライブハウス

ライブを観戦する美女

今回は北陸新幹線の開通より、全国的に注目される石川県金沢市のライブハウス情報をピックアップしていきます。
2015年の東京ー金沢間の開通いらい、4時間近くかかっていた新幹線がわずか2時間28分で行き来できるようになりました。

金沢直通新幹線の経済効果も著しく、新幹線開通前の2014年では約1200万人だった県外からの観光客数が、開通後の2015年、2016年では1500万人を2年連続突破しており、観光客が約300万人も増えたのです。

さらに2009年に約231万6800人だった金沢市内の年間宿泊者数は、2017年は約319万3500人まで増加し、このうち約9万1600人だった外国人は、約44万8300人と4倍以上に増えました。

そんな注目される金沢には、実は有名アーティストも数多く訪れており、毎年素晴らしいライブが行われています。「いつかは金沢でライブしたい!」「金沢へライブを見に行きたい!」という方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

金沢のおすすめライブハウス5選

今回は金沢市内にある”ライブハウス”限定でご紹介します。これからますます盛り上がっていく金沢のライブハウスを把握しておくことで、「いつかは金沢でライブをしたい!」というミュージシャン方、「金沢へライブを見に行きたい!」という方には、ぜひ押さえておいてほしいライブハウス集です。

金沢AZ

まずご紹介するのは、1992年に開業された「金沢AZ」さんです。スタジオも完備されたライブハウスになります。

「A~Zまでジャンルを問わない」ということが、名前の由来だそうです。
北陸を中心に活躍するアーティストから、全国区にメジャーなアーティストまで、数々のライブが行われている有名なライブハウスになります。

キャパは座席ありでもおよそ100人は着席可能で、スタンディングにすればかなりの人数を収容可能でしょう。
出演アーティストも、バンド、シンガーソングライター、アイドル、ソロアーティストまで様々で、金沢市のライブハウスではぜひ押さえておきたいライブハウスです。

金沢AZ

所在地
〒920-0971 石川県金沢市鱗町107番地
電話番号
076-264-2008

引用:金沢AZホームページ

金沢GOLD CREEK

続いてご紹介するのは、金沢繁華街の中心にある「金沢GOLD CREEK」さんです。様々な楽器が壁に掛けられたオシャレなカフェも併用されたライブハウスになります。ちなみにカフェのメニューは、ビール1杯500円でとても良心的なお値段です。

キャパは座席ありで120人から、スタンディングでは200人を収容可能であり、まだライブをしたことない初心者の方でも利用できるようなブッキングイベントも充実しております。

地元のミュージシャンから、有名アーティストまで利用する、とても人気なライブハウスです。

金沢GOLD CREEK

〒920-0981
石川県金沢市片町2-13-11
ミリオンビルB1F
TEL:076-233-2369
EMAIL: info@gold-creek.live

引用:金沢GOLD CREEKホームページ

gateBlack

続いてご紹介するのは、金沢観光地である城下町、21世紀美術館、歓楽街である片町、それぞれの中心に位置する「gateBlack」さんです。入口から地下に進むと、ライオンの剥製が見下ろす幻想的な空間が広がっています。

キャパは椅子ありで60人、スタンディングでは150人を収容可能です。アクセスしやすい立地から多くのミュージシャンに利用されており、2019年8月には北陸のアイドルグループ「かがやき」の1stシングルプレミアムライブも行われました。

これからますます注目されていくライブハウスであることは、間違いありません。

gateBlack

わたしたちは、訪れる人に記憶に残る時間、そして感動体験をサポートするための、新しいライブハウスのカタチに挑戦していきます。

石川県金沢市下柿木畠6 B1
076-234-3430

引用:gateBlackホームページ

金沢Eight Hall

続いてご紹介するのは、金沢の中心に位置する大箱ライブハウス「金沢Eight Hall」さんです。多くのメジャーアーティストが、金沢ツアーで使用するライブハウスになります。

アクセスもよく金沢の繁華街である片町に位置しており、ライブのたびに多くの人が訪れる人気ライブハウスです。

金沢で音楽活動をするミュージシャンには、「いつかはEight Hallを満席にする!」といった目標を掲げる方も多いでしょう。

EIGHT HALL

〒920-0981石川県金沢市片町1-6-10 ブラザービル 2F
TEL / FAX:076-255-0757

引用:金沢Eight Hallホームページ

vanvan V4

続いてご紹介するのは、2021年には創立40周年を迎える「vanvan V4」さんです。スタジオも営業されており、地元ミュージシャンの練習場でもあります。

創業より数々のバンドマン、ミュージシャンが出演されてきた金沢では外せないライブハウスです。キャパも200人は収容可能で、金沢駅からはタクシーで2,000円以内の距離になります。

vanvan V4

[ TEL ] 076-223-7565
[ FAX ] 076-223-7564
[ E-mail ] kanazawavanvanv4@yahoo.co.jp

引用:vanvan V4ホームページ

北陸初となる「Zepp」が金沢に開業

北陸新幹線の開通とともに、日本全国だけではなく世界からも注目を浴びる金沢。そんな中、日本全国にライブハウスを展開する「Zeppホールネットワーク」が、北陸初となる「Zepp金沢」を開業させると報じられました。

日経新聞や北國新聞の2019年3月13日の報道によると、開業は2020年以降の予定で、Zeppグループとしては初の北陸進出になり、人口100万人以下の都市でも初めての開業となります。

報道によると、ライブハウスは金沢市内の繁華街から離れた西金沢駅近くの工場跡地に建てられる計画。ライブ・エンタテイメント産業の盛況ぶりを踏まえ、北陸新幹線で東京とのアクセスもよくなった金沢に進出する。

規模は未定だというが、もしZepp最大級の2000人収容となれば金沢のライブ事情は飛躍的に改善するというわけで、金沢の人々からは歓迎の声が大きい。

引用:livedoor”NEWS

一方では、「Zepp金沢」が開業することで、ツアーを行うアーティストたちの“新潟飛ばし”が危惧されております。
金沢にはすでに北陸電力本多の森ホール、金沢歌劇座(旧石川厚生年金会館)など新潟と並ぶ規模の大ホールがある上に、全国にも実績が高いZeppグループが進出となれば、アーティスト側も北陸で開催するライブは「新潟ではなく金沢で」という選択がされるかもしれません。

新潟も金沢と1位、2位を争う北陸都市であり、ご当地アイドル「Negicco」や「NGT48」をはじめとするアイドル激戦区でもあります。
そのため「新潟ではなく、なぜ金沢に!?」という声も多数上がっており、新潟市民には少し悲しいニュースとなりました。

金沢市民の多くも「Zepp金沢」が開業されることは嬉しいニュースなのですが、その反面多くの反対の声も上がっているのが現状です。

おわりに

今回は”今”世界中から注目されている、金沢市のライブハウスにスポットを当ててまとめました。金沢には美しい自然や城下町だけではなく、素敵なライブハウスも多くあります。

さらに「Zepp金沢」も開業となると、エンターテイメントの分野でもますます注目されることは間違いありません。
これからもより発展する金沢は、多くの人々が訪れる地域となっていくでしょう。

Lifeマッスル
スポンサーリンク
この記事をシェアする
フォローする
スポンサーリンク
ギタリストマッスル