【香水】を弾くためのギターテクニック

「香水」裏拍でコードチェンジする楽譜とTAB譜

今回は瑛人さんの大ヒットソング『香水』を弾くための、ギターテクニックを解説します。2020年11月時点では、YouTube再生回数がなんと1.2億回を超える人気です。

楽曲の伴奏は、ギターソロ中以外はアコギ1本。ピックを持たずに演奏するフィンガーピッキング(指弾き)です。今回はこちらの伴奏を、【ギター初心者の方でも弾けるようになる】エクササイズをご用意しました。フィンガーピッキングが初めてという方にもおすすめです。

『香水』キーとコード進行の解説

まずは『香水』のキーとコード進行を見ていきましょう。

楽曲のキーはE♭メジャーです。原曲のミュージックビデオでは、アコギにカポタストを装着しプレイ。カポを1フレットに付けることで、プレイするキーをDメジャーとしています。

■E♭メジャー+カポ1=Dメジャー

人によってはカポタストを3フレットに装着し、Cメジャーキーとしてプレイするほうが弾きやすいという方もいるでしょう。

そしてコード進行は8小節からなる、”循環コード“です。

|A♭ B♭ E♭|      |A♭ B♭ E♭|      |
|A♭ B♭ |G7 Cm7 |A♭ B♭ E♭|    |

*カポタストを1フレットに装着:Play Key=D
|G  A  D|      |G  A  D|      |
|G  A   |F#7 Bm7  |G  A  D|     |

【香水】ギターエクササイズ

それでは実際に『香水』が演奏できるようになるための、ギターエクササイズを解説してまいります。演奏ポイントは”チャッ”と音を切るアタック音、裏拍でコードチェンジが入ることです。

実は『香水』のようなギタープレイは、アコギテクニックの定番といっても過言ではありません。代表的なところですと、Extremeの『More Than Words』などがそうでしょう。

こちらの動画(Player:Yuta Ueno)ではカポタストを3フレットに装着し、Play Key=Cで演奏。そうすることによって、ギターソロのフレーズもソロギターで演奏しやすくなります。
メインのギターバッキングは、Play Key=D/Play Key=Cに難易度の差はほとんどありません。お好きなPlay Keyを選んでもらって大丈夫です。

エクササイズ.1/コードの押さえ方

それではギターエクササイズを始めます。まずは主要コードである、Dコード・Gコード・Aコードの押さえ方です。

もちろんここでご紹介する以外にも同一コードの押さえ方はありますが、「香水」に基づいた押さえ方をご紹介します。

Dコードは基本の押さえ方です。4弦開放をルート音とし、左手人差し指で3弦2フレット、薬指で2弦3フレット、中指で1弦2フレットを押し弦。6弦と5弦はミュートです。

Gコードは6弦3フレットのルートを左手中指、2弦3フレットを薬指、1弦3フレットを小指で押し弦。5弦はミュートでかまいません。または5弦2フレットを人差し指で押さえます。

Aコードは5弦開放をルート音とし、左手人差し指で4弦2フレット・3弦2フレット・2弦2フレットを指を寝かせて(セーハ)押し弦。6弦と1弦はミュートです。

エクササイズ.2/右手の指使い

続いてはエクササイズ.1で解説したようにコードを押さえ、右手でフィンガーピッキングをしてみましょう。

Gコードのルート音である6弦3フレットを右手親指でピッキングし、8分音符裏で2弦を人差し指、3弦を中指でピッキングします。または2弦を中指、3弦を薬指でピッキングしてもかまいせん。やりやすい方を選んでください。

Aコードの箇所も同様に5弦開放を右手親指でピッキングし、2弦と3弦を人差し指・中指、または中指・薬指の組み合わせでピッキング。

Dコードの箇所は4弦開放を右手親指でピッキングし、2弦を中指、3弦を薬指でピッキングします。

エクササイズ.3/右手のミュート

続いては、右手で弦を叩きつけミュートするエクササイズです。ポイントはミュートした後、瞬時にピッキングへ移れるようなポジションに置きにいくこと。叩きつけると同時に、ピッキングする指が対象弦の上へくるように狙いましょう。

最初は、右手親指が5~6弦の間にくるよう叩きつけてみてください。

エクササイズ.4/裏拍でコードチェンジ

続いては、裏拍でコードチェンジを行うエクササイズです。8分音符表でミュートをした後、裏拍でコードのルート音を右手親指でピッキング。そして8分音符裏で、2弦と3弦を、Dコードの箇所では1弦と2弦をピッキングします。

エクササイズ.5/Dコードからsus4へのハンマリング・プリング

続いては、Dコードフォームからsus4(Dコードに対してソ)へのハンマリング・プリング。こちらはDコードフォームにおける、定番のテクニックです。フレーズの始まりは、8分音符裏でスタート。右手でミュートした後、左手中指で押さえた1弦2フレットから1弦3フレットへ小指でハンマリング。そして3拍目表でプリングをし、下降のアルペジオです。

また右手の指使いは、4弦開放を親指、3弦を人差し指、2弦を中指、1弦を薬指でピッキングしてください。

【インターバル】音と音の距離
インターバルとは?音と音の距離が分かればコードもスケールも自分で作れる。インターバルの簡単な数え方。ダイアトニックコードのインターバルの仕組み。メジャーコードとマイナーコードの違い。dimコードとは?「音楽理論」初心者、入門者でも簡単。

ギターエクササイズ.6/Dコードのアルペジオ

最後のエクササイズは、Dコードフォームを押さえたままアルペジオです。フレーズの始まりは、8分音符裏でスタート。2拍目の裏から3拍目の表までタイでつながっていますので、意識してプレイしましょう。

エクササイズ.5と同様に、右手の指使いは4弦開放を親指、3弦を人差し指、2弦を中指、1弦を薬指でピッキングしてください。

おわりに

今回は、「香水」のギターエクササイズをご紹介しました。まずは原曲のテンポよりも、思いっきり遅くして練習してみてください。

またピッキングする際には、動きが大きくなりすぎて弦から離れすぎないよう注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました