あいみょん【マリーゴールド】簡単コードでアコギ弾き語り

マリーゴールドのお花

以前にあいみょんさんで「君はロックを聴かない」、コード進行の解説、弾き語りのコツを紹介しました。
「君はロックを聴かない」は、あいみょんさんの作り手としての目線、そして聴き手それぞれが、様々な感情を想起させる曲です。

あいみょん【君はロックを聴かない】コード進行&ギター簡単弾き語り
【君はロックを聴かない】コード一覧 ギター初心者、入門者、アコギ女子におすすめな曲 コードの押さえ方とコツtab譜あり 弾き語りのポイントや簡単「音楽理論」を解説 アコギで弾いてみよう アコースティックギター入門

そんな素敵な歌詞をを書くあいみょんさんから、今回は「マリーゴールド」を取り上げてコード進行、そしてギター簡単弾き語りコードもご用意して解説していきたいと思います。

それではコード進行からチェックしていきましょう。

*ソロギターtab譜をプリントアウトしたい方は、こちらからからどうぞ。
『マリーゴールド』ソロギターtab譜&楽譜/マッスルスコア

スポンサーリンク

「マリーゴールド」コード一覧

「マリーゴールド」作詞作曲・あいみょん

・イントロ
( l    Dl    Dl    Dl )

lD       lA/C#    lBm      lF#m     l
lG  D/F#   lG   A    l

・Aメロ
lD       lA/C#     lBm       lA       l
lG       lD/F#    lG       lAsus4  A  l

lD       lA/C#    lBm       lA       l
lG       lD/F#    lG      lAsus4  A  l

・Bメロ
lBm       lF#m     lG        lA        l

・サビ
lD       lA/C#    lBm      lAsus4  A l
lG       lD/F#  Bm  lG       lA       l

lD       lA/C#    lBm      lAsus4  A l
lG       lD/F#  Bm lG       lA       l
lD        lA        l

・Aメロ2
lD       lA/C#    lBm      lA       l
lG       lD/F#    lG       lAsus4  A  l

・Bメロ2
lBm     lF#m   lG      lA     N.Cl

・サビ2
lD       lA/C#    lBm     lAsus4  A l
lG       lD/F#  Bm lG       lA       l

lD       lA/C#    lBm      lAsus4  A l
lG       lD/F#  Bm lG        lA       l

・Bridge
lBm      lA/C#    lD       lA       l
lBm      lA/C#    lD       lA       l

・間奏
lD       lG       lA       lBm     l
lG       lA       lA       l

・サビ3
lD       lA/C#    lBm     lAsus4  A l
lG       lD/F#  Bm lG       lA       l

・サビ4
lD       lA/C#    lBm       lAsus4  A l
lG       lD/F#  Bm lG       lA       l

lD       lA/C#     lBm      lAsus4  A l
lG       lD/F#  Bm lG       lA       l

・Ending
lD/F#    lG       lA       lBm      l
lG       lA       lD       lA       l

lD       lA/C#    lBm     lF#m   l
lG  D/F#  lG   A    lD       ll

「マリーゴールド」コード進行解説

「マリーゴールド」の曲はキーがDです。
Dメジャーダイアトニックコードを見てみましょう。

ⅠM7 DM7
Ⅱm7 Em7
Ⅲm7 F#m7
ⅣM7 GM7
Ⅴ7 A7
Ⅵm7 Bm7
Ⅶm7♭5 C#m7♭5

「マリーゴールド」では、ダイアトニックコード以外のコード(ノンダイアトニックコード)が使われておりませんので、ギター初心者の方には取り組みやすい曲です。
まずはイントロのコード進行を見てみましょう。

lD      lA/C#   lBm    lF#m  l

lG  D/F#   lG   A   l

この進行をダイアトニックコードに置き換えると
lⅠ     lⅤ/Ⅶ   lⅥm   lⅢm    l

lⅣ  Ⅰ/Ⅲ   lⅣ   Ⅴ   l

もっとわかりやすいように、数字に置き換えてみましょう。
l1       l5/7    l6m     l3m    l

l4   1/3   l4   5    l

というふうになります。
数字に置き換えると、onコード(オンコード)のベース音の役割も見えてきますね。
ベースラインが滑らかに動いています。

決して、何でもonコードのほうが良いというわけではありません。
ちなみに、ここではメロディアスなエレキギターがイントロを奏でています。
(シ~ラ~、レド#レミ~、シ~ラ~、ド#レミ hiド#~ラ~、ミミ~レ~)

もしコード進行を暗記したい方がおられましたら、ディグリー数字だけをまず覚えてしまうという手法もあります。そのためにはダイアトニックコードの理解は必須です。

ダイアトニックコードの機能から見ると、l4   1/3   l4   5    lの部分で、少し不安な4度から1度へ行って一旦おちつき、また4度に行って、最後は不安な5度で次の展開へ。

・Aメロ
lD       lA/C#    lBm      lA       l

lD       lD/F#    lG       lAsus4  A l

・Bメロ
lBm      lF#m    lG       lA       l

AメロもBメロも全てがダイアトニックコードで形成。Aメロのベース音はレから始まり、ラまで下がり、次はレから始まり、Dコードのメジャー3度の音のファ#に行って、ドミナントコードのラまで上がっていきます。

・サビ
lD       lA/C#    lBm      lAsus4  A l

lG       lD/F#  Bm lG       lA       l

サビで出てくるコードも全てダイアトニックコードです。
始めの4小節はベース音が順々にラまで下がっていきます。

ここではBmコードの前の、D/F#に注目してみましょう。
なぜ次のコードがBmなのに、わざわざonコードのF#を入れたかといいますと、このベース音のファ#とBmコードのベース音のシがドミナントモーションの関係にあるからです。

もっとわかりやすくいいますと、シから見てファ#はメジャー5度の関係。つまりベース音はドミナントの進行。
なのでDコードの3度の音をわざわざベース音にもってきてD/F#とし、Bmに行かせることで、劇的な進行を生み出せるのです。

これもアプローチの1つの手法。実は逆もまたしかりで、メジャー5度に向かうという進行も多いです。

サビの出だしでは、DコードからAコードに進行。
我々人間は、この1度から5度に進む進行が大好きです。それは音楽を聴いてきた経験が記憶に積み重なり、劇的に感じるようになっています。

例えばサビの5小節目のGコードからDコードも、Gを1度と見たら5度のDに進行。
これはなにもコード進行だけに限った話ではなく、メロディラインでもよく見られます。

例えばJ-POPで多用される手法で、サビの始まりが1度から始まり、次の音に5度を持ってくるというメロディライン。
カラオケで人気な曲でも、1度から5度に飛ぶというメロディは多いです。

仮にキーがCだとしたら、ド~ソ~というメロディの動き。
以前紹介した、感動コードもC(Ⅰ)からG(Ⅴ)へと、5度に向かって進んでいます。

簡単アコギ弾き語りコード

Dキーのままでも弾きやすい「マリーゴールド」ですが、ギター初心者さんのためにさらに簡単にしてみましょう。
まずご用意してもらいたいのが、カポタストです。

プロミュージシャンもごぞって使用しています。
このカポタストをギターの2フレットに装着してください。
そうするとギターのチューニングが全音(1音)上がったことになります。
よって演奏するコードもキーD、から全音下で演奏しないと同じ音域にはなりません。
それにより、演奏するキーはCになります。
演奏するキーがCになり、初心者の方にはさらに演奏が簡単になるでしょう。

簡単コード一覧プレイキーC

・イントロ
( l    Cl    Cl    Cl )

lC      lG/B     lAm    lEm    l
lF  C/E   lF   G    l

・Aメロ
lC       lG/B    lAm      lG       l
lF       lC/E    lF       lGsus4  G l

lC       lG/B    lAm      lG       l
lF       lC/E     lF       lGsus4  G l

・Bメロ
lAm      lEm    lF       lG       l

・サビ
lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l
lF       lC/E  Am lF       lG       l

lC       lG/B     lAm      lGsus4  G l
lF       lC/E  Am lF       lG       l
lC       lG       l

・Aメロ2
lC       lG/B    lAm      lG       l
lF       lC/E    lF       lGsus4  G l

・Bメロ2
lAm      lEm    lF      lG     N.Cl

・サビ2
lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l
lF       lC/E  Am lF       lG       l

lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l
lF       lC/E  Am lF       lG       l

・Bridge
lAm      lG/B    lC       lG       l
lAm      lG/B    lC       lG       l

・間奏
lC       lF       lG       lAm     l
lF       lG       lG       l

・サビ3
lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l
lF       lC/E  Am lF       lG       l

・サビ4
lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l
lF       lC/E  Am  lF       lG       l

lC       lG/B    lAm      lGsus4  G l
lF       lC/E  Am lF       lG       l

・Ending
lC/E    lF       lG       lAm    l
lF       lG       lC      lG       l

lC       lG/B    lAm    lEm   l
lF  C/E   lF   G    lC        ll

演奏ポイント

ギター初心者の方で、アコースティックギター1本での弾き語りの目標としている方は、ぜひギタリストマッスルの簡単コードバージョンを使用してください。

もしonコードを覚えるのも負担でしたら、onコードを取り除いて演奏しても大丈夫です。
決して、イメージがガラッと変わることはないのでご安心ください。

補足としまして、カポタストを2フレットに装着した時の、onコードとsus4コードの押さえ方もチェックしておきましょう。

onコード


まずはG/Bコードからです。

押さえ方は、5弦2フレットを左手人差し指、4弦と3弦を開放、2弦3フレットを薬指、1弦3フレットを小指で押さえ、6弦はミュートします。
2弦3フレットで押さえている音はレですが、2弦を押さえずに開放のシとしても利用可能です。

続いてC/Eコード。ローポジションのCコードフォームに、6弦開放のミを加えれば成立です。

6弦は開放、5弦3フレットは左手薬指、4弦2フレットは中指、3弦は開放、2弦1フレットは人差し指、1弦は開放です。
5弦を押さえている左手薬指が、6弦に触れてしまわないよう注意しましょう。

sus4コード

続いてGsus4コードです。
Gsus4コードも様々なポジションがありますが、ここでは3つ解説します。まずはこちらのG7sus4コードです。
Gコードのm7thの音のファが追加されていますが、Gsus4コードの代用として使用できます。

押さえ方は、6弦3フレットを左手薬指、4弦と3弦は開放、2弦と1弦を人差し指でベタッと寝かせて押さえ、5弦はミュートです。

続いては上記でご紹介したG7sus4コードのコードフォームに、左手小指で1弦3フレットを押さえたGsus4コードフォームです。

上記で説明したG7sus4コードフォームと比べると、1弦3フレットのソを押さえることによって、1弦1フレットで鳴っていたm7thの音のファが無くなり、G7sus4コードがGsus4コードとなります。続いてはこちらの、親指握り型フォームのGsus4コード。
こちらのコードフォームは、ポジション移動で他コードとして応用可能なコードフォームです。

6弦3フレットを、左手親指でネックを握り込むように押弦。
4弦5フレットは薬指、3弦5フレットは小指、2弦と1弦は人差し指でベタッと寝かせて押さえます。

5弦は、4弦を押さえている薬指の先で触れてミュートです。
1弦3フレットのソは、6弦3フレットと4弦3フレットもソなので、押さえずにミュートして省略可能。

プラスαで解説しますが、握り型フォームでのGsus4コードの3弦5フレットを押さえている左手小指を離し、中指で3弦4フレットを押さえれば、Gコードです。

onコードを省略してもOK
テンションを省略してもOK
・C/E→C
・G/B→G
・Gsus4→G

おわりに

今回取り上げた「マリーゴールド」は素敵な曲の上、初心者の方にも練習しやすい曲です。
コードを押さえるのに慣れてきたら、原曲を流しながら一緒に演奏してみましょう。

ギターでコードを簡単に押さえる方法【コード理論】ギター初心者でも簡単
ギターコードの簡単な押さえ方、ポジション ギター初心者でも簡単 Fコードの簡単な押さえ方 ギター上達 アコギで簡単弾き語りするコードフォーム ディミニッシュコード、m7♭5、オーギュメントコード攻略