マイナーキーの定番コード進行

マイナーコード進行の楽曲を聴く女性

今回はマイナーキーの楽曲において多用される、定番のコード進行をJ-POPヒットソングを交えながらご紹介していきます。

Cメジャースケール(ドレミファソラシド)、またはAマイナースケール(ラシドレミファソラ)で構成された曲中に出てくるAmコードを、”Ⅵm”と解釈するか、”Ⅰm”と解釈するかは決まりはありません。
もちろん全ての楽曲をメジャーキーとして解釈しても問題はありませんが、マイナーコードが軸となったコード進行パターンを理解することで、コード進行の持つ魅力をより感じられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

マイナー・ダイアトニック・コード

Cメジャースケール(ドレミファソラシド)を基調に構成された楽曲において、Cメジャー・ダイアトニック・コードでは、CM7コードはⅠM7となりAm7コードはⅥm7に当てはまります。

一方、Cメジャースケールと平行調であるAマイナースケールを基調に構成された楽曲では、Aマイナー・ダイアトニック・コードにおいてAm7コードはⅠm7となるのです。

*Amダイアトニックコード

Ⅰm7 Am7 Tm
Ⅱm7♭5 Bm7♭5 SDmⓢ
♭ⅢM7 CM7 Tmⓢ
Ⅳm7 Dm7 SDm
Ⅴm7 Em7 Dm
♭ⅥM7 FM7 SDmⓢ
♭Ⅶ7 G7 SDmⓢ

*ⓢ・・・代理
*Tm・・・トニックマイナー(暗く安定)
*SDm・・・サブドミナントマイナー(暗く少し不安定)
*Dm・・・ドミナントマイナー(暗く不安定)

ここではローマ数字で表記されたディグリーネームを使いながら、Amキーにおいてコード進行パターンを解説していきます。

1.マイナー・ダイアトニックのスリー・コード

|Am |Dm |Em |Am |
|Ⅰm |Ⅳm |Ⅴm |Ⅰm |

まずご紹介するのは、ナチュラル・マイナーのスリーコード進行です。
マイナー・キーのⅠm、Ⅳm、Ⅴmにあたり、暗く悲しい楽曲においてはスリーコードが多用されます。

2.Vmをハーモニック・マイナーのVに変える

|Am |Dm |E   |Am |
|Ⅰm |Ⅳm |Ⅴ  |Ⅰm |

続いては、先ほどのスリーコード進行でⅤmが使用されていたEmを、ハーモニック・マイナーのⅤであるEに変更した進行です(メジャーキーで解釈した場合はⅢ)。
Emの3度の音であるソがソ#となり、より緊張感を持ってAmへ解決できます。

3.Ⅰmから♭Ⅶを経由して♭Ⅲで明るく落ち着く

|Am |F   |G   |C   |
|Ⅰm|♭Ⅵ|♭Ⅶ|♭Ⅲ|

続いては、Ⅰmから♭Ⅶを経由して♭Ⅲで明るく落ちくパターンです。数多くのヒットソングで使用されるコード進行でもあり、小室哲哉さんも楽曲に数多く取り入れたことから【小室進行】とも呼ばれます。

小室哲哉に学ぶコード進行/ヒット曲の鉄板パターン
小室哲哉に学ぶ作曲法 人気曲の鉄板コード進行 ヒット曲、名曲とともにコード進行解説 あの曲はなぜ流行ったのか 小室哲哉のコード進行から見るJ-POP 簡単にわかる音楽理論講座

4.ⅦdimからⅠmで解決

|F   |G   |G#dim |Am |
|♭Ⅵ|♭Ⅶ|Ⅶdim|Ⅰm|

こちらはハーモニック・マイナーのⅦdimを使用してⅠmへアプローチする進行です。
ベース音も上行となり、パッシング・ディミニッシュとしても使用。

ワンオクロックのヒットソング『The Beginning』では、サビから間奏切り替わる箇所でG#dim(E/G#)→Amと使用。

5.ベース音が下降する

|Am |G   |F   |E   |
|Ⅰm|♭Ⅶ|♭Ⅵ|Ⅴ |

続いてベース音が下降する進行です。ⅠmのAmからドミナントコードのⅤであるEに向かって、ラ→ソ→ファ→ミと下降していきます。

Dm→C→Bm♭5→Amなどのような違うパターンもありますが、Bm♭5、つまりⅡm♭5はG/B(♭Ⅶ/Ⅱ)に置き換えられることも多々あります。

6.メロディック・マイナーを使用したライン・クリシェ

|Am |AmM7 |Am7 |F#m7♭5|
|Ⅰm|ⅠmM7|Ⅰm7|Ⅵm7♭5|

続いてはメロディック・マイナーを使用したライン・クリシェです。最後のF#m7♭5は、Am6と置き換えてもOK。
ここではAmからF#m7♭5へ、コードトーンであるラから、ラ→ソ#→ソ→ファ#と下降。

クリシェが輝く名曲12選J-POPヒットソング
クリシェとは? クリシェが魅力的な名曲12選 これを聴けばクリシェがわかる J-POPヒットソングのクリシェ サザンオールスターズ 中島みゆき 中山美穂 椎名林檎 ドリカム BOOWY 平井堅 クリシェの効果とは

久保田早紀さんの大ヒット曲『異邦人』においても、Aメロ6小節目からFm→FmM7/E→Fm7/E♭→Fm6/Dとクリシェ進行をしています。

アイドルソングにおいても、乃木坂46・桜井玲香さん卒業ソング『時々思い出してください』のサビでは、7小節目からこのような進行です。

|F#m Faug|A/E B/D#|

こちらはF#m→F#mM7/F→F#m7/E→D#dimとも解釈可能。
このように様々のヒットソングにおいて使用されています。この他にもクリシェ進行パターンはまだまだありますので、ぜひお気に入りのクリシェを見つけてみてください。

クリシェが輝く名曲12選J-POPヒットソング
クリシェとは? クリシェが魅力的な名曲12選 これを聴けばクリシェがわかる J-POPヒットソングのクリシェ サザンオールスターズ 中島みゆき 中山美穂 椎名林檎 ドリカム BOOWY 平井堅 クリシェの効果とは

7.メロディック・マイナーのⅣを間に入れる

|Am |C   |D   |F   |
|Ⅰm|♭Ⅲ|Ⅳ |♭Ⅵ|

続いてはメロディック・マイナーのⅣを使用し、メロディアスに感じる進行です。
ここではDコードのコードトーンである、ファ#がメロディックポイント。

Ⅳのコードは他にも、♭Ⅶにセカンダリードミナントするために使用されることもあります。

|Am |D   |G   |C   |

8.メロディック・マイナーのⅡm7を使ってⅡ→Ⅴ

|Am |F   |Bm7 |E   |
|Ⅰm|♭Ⅵ|Ⅱm7|Ⅴ |

続いてはメロディック・マイナーのⅡm7を使用し、ツーファイブでの進行です。
Bm7♭5のコードトーンであるファが、ファ#となりBm7に変換。

*メジャーキーでのツーファイブ例
|Dm7 |G   |C   |

9.Ⅱ7からⅤにドミナント・モーション

|F   |B7  |E   |Am |
|♭Ⅵ|Ⅱ7|Ⅴ |Ⅰm |

こちらはハーモニック・マイナーのⅤへ進行する時に、Ⅴをトニック・マイナーと仮定しドミナントコードで進行するパターンです。

Eを仮トニックと見立て、ドミナントコードであるB7を使用。こちらは半音アプローチで進行するため、onコードとなりB/D#や、D#dimコードともなり使用されます。
Eハーモニック・マイナーのⅤ、またはⅦdimを使用。

平成終盤の大ヒット曲でもある米津玄師さん『Lemon』では、Aメロ4小節目においてDdim→D#7と進行。つまりD#7を仮トニックと見立て、D#ハーモニック・マイナーのⅦdim、またはⅤ/ⅦであるA#/Dを使用したと解釈できます。

米津玄師【Lemon】簡単コード/ギター初心者でも弾ける
米津玄師「Lemon」簡単コード一覧2種類 ギター初心者でも弾ける アコギで弾き語り 半音下げチューニング アコースティックギター入門カポタストとは?コードを押さえやすくするには?コード進行解説サルでもわかる「音楽理論」

他にも、石川さゆりさん『津軽海峡・冬景色』では、BメロにおいてDm→Am→F→B7→E7という進行がされおり、ここではE7を仮トニックと見立て、Eハーモニック・マイナーのⅤ7であるB7を使用した例です。

10.5度進行を連続させた、「枯葉進行」

|Dm7  G7|CM7  FM7|Bm7♭5  E7|Am7 |
|Ⅳm7♭Ⅶ7|♭ⅢM7♭ⅥM7|Ⅱm7♭5 Ⅴ7|Ⅰm7|

続いては5度進行を連続させたパターンです。このように平行調(ここではCメジャーとAマイナー)を行き来するようなパターンは【枯葉進行】とも呼ばれています。

11.Ⅰ7からⅣmにドミナント・モーション

|Am |A7 |Dm |E   |
|Ⅰm|Ⅰ7|Ⅳm|Ⅴ |

続いてはⅠmからⅣmへ進行する時に、ⅠmをⅠ7に変化させドミナント・モーションした進行です。
ここではAmからA7へ進行しDmへつながっていますが、A7の小節をDmへのツーファイブに分割することも可能。

*ツーファイブ例
|Em7♭5  A7 |Dm  |

|Em7  A7 |Dm  |

12.♭Ⅲ7を使用し♭Ⅵにドミナント・モーション

|Am |C7 |F   |Em |
|Ⅰm|♭Ⅲ7|♭Ⅵ|Ⅴm|

続いては♭Ⅲ7を使用し、♭Ⅵへドミナント・モーションした進行です。
ここではFを仮トニックと見立て、ドミナント・コードであるC7が登場。

多用されるパターンとしまして、こちらもⅡ→Ⅴ(ツーファイブ)進行への分割が使用されます。

|Gm7  C7 |F   |

このようにFメジャー・ダイアトニックのⅡm7とⅤ7を借用し、Ⅴm7→♭Ⅲ7→♭Ⅵという進行はJ-POPにおいても数多く使われます。

aikoさんのヒット曲『カブトムシ』においても、Aメロ、サビで使用。*Cm7→B♭m7→E♭7

13.進行にサブドミナント・マイナーを挟む

|Am |Dm7♭5 G7|C   |E   |
|Ⅰm|Ⅳm7♭5 ♭Ⅶ7|♭Ⅲ|Ⅴ|

続いては、平行調であるメジャーキーのサブドミナント・マイナーであるⅣm7♭5を使用した進行です。ここではCメジャーと同主調であるCマイナーのⅡm7♭5であるDm7♭5の使用例。

サブドミナント・マイナーはとても万能なコードで、多くのヒット曲に使用されています。

*サブドミナント・マイナー使用例
|Am |Fm7  B♭7|C   |E   |

14.小悪魔コード進行

|F   |G/F |Em |Am |
|♭Ⅵ|♭Ⅶ/♭Ⅵ|Ⅴm|Ⅰm|

続いては、♭Ⅵ→♭Ⅶという進行をベース音をキープし♭Ⅶ/♭Ⅵ、そして♭Ⅲへ解決すると見せかけⅤmからⅠmという進行です。
こちらは音楽プロデューサーの亀田誠二さんが、期待を裏切る進行とし【小悪魔コード】と名付け呼びました。

この進行もポップスにおいて、数々のヒットソングで使用されています。
平井堅さんの名曲『瞳をとじて』においては、サビでのクライマックスに目がけ、♭Ⅵ→♭Ⅶ/Ⅵ→Ⅴ7→Ⅰm7と変化。

*小悪魔コードからⅤ7へ進行するパターン例
|F   |G/F |E7  |Am7 |

15.ユーロビート進行

|F   |G   |Am |    |
|♭Ⅵ|♭Ⅶ|Ⅰm|    |

最後は【ユーロビート進行】といわれるパターンです。♭Ⅵ→♭Ⅶ→Ⅰmと進行(メジャーキーで解釈するとⅣ→Ⅴ→Ⅵm)。

ここではF→G→Amと進行、拍数の対比は1:1:2となります。

*進行パターン例
|F  G  |Am   |

|Am  |F  G |

ユーロビート系コード進行/なぜかノッてしまうヒット曲
なぜあの曲はノッてしまうのか ヒット曲、名曲のコード進行 ユーロビート進行 哀愁ユーロ進行 J-POPヒットソングとともに解説 ユーロ進行と哀愁ユーロ進行のコード進行 ヒットソングのコード進行の秘密

また哀愁系コード進行とも相性がいいことから、哀愁ユーロと呼ばれる進行もあります。

*哀愁ユーロ進行
|F   |G   |Em |Am |

また哀愁系コード進行において、Ⅰmへより劇的に進行するため、ⅤmをⅤ7に置き換えられた進行も多用されます。

*哀愁ユーロのⅤmをⅤ7へ
|F   |G   |E7  |Am |

ユーロビート進行及び、哀愁ユーロ進行は数々のヒット曲で使用されています(荻野目洋子『ダンシングヒーロー』、DA PUMP『U.S.A』、安室奈美恵『TRY ME』など)。

哀愁系コード進行/胸が苦しくなるヒット曲
哀愁系コード進行とは 切なく悲しいコード進行 胸が苦しくなる日本の名曲、代表曲集 ヒットソングから学ぶコード進行 泣ける歌を作曲する なぜこの曲は切なく聴こえるのか

おわりに

今回はマイナー系の定番コード進行を解説しました。
マイナーキーで解釈しにくいという方は、まずはメジャーキーでアナライズ(分析)してみてください。

この他にもまだまだ素敵なマイナー系コード進行がありますので、ぜひお気に入りの進行パターンを見つけてみてください。