マイナースケール・ハーモニックマイナーとは/Amスケール解説

暗い夜の月

今回は暗い響きを基調とする、ナチュラルマイナースケールについて解説していきます。
ギター指板上のマイナースケールも合わせてご覧ください。
マイナースケール6つのポジション/tab譜

スポンサーリンク

平行調

まずは、Cメジャースケールの確認をしてみましょう。

Cメジャースケール ド レ ミ ファ ソ ラ シ

次にAmスケールを見てみましょう。

Amスケール ラ シ ド レ ミ ファ ソ

ご覧になるとわかる通り、Cメジャースケールも、Amスケールも中身の音は一緒なんです。
CメジャースケールとAmスケールのような関係を平行調といいます。
Cメジャースケールの曲はCで明るく落ち着きAmスケールの曲ではAmで暗く落ち着くと覚えておきましょう。

ディグリーネーム(ローマ数字)をつけてみよう

つづきまして、Amスケールのダイアトニックコードを見てみましょう。

Am7 ラ ド ミ ソ
Bm7♭5 シ レ ファ ラ
CM7 ド ミ ソ シ
Dm7 レ ファ ラ ド
Em7 ミ ソ シ レ
FM7 ファ ラ ド ミ
G7 ソ シ レ ファ

それではこれにローマ数字を当てはめると、

Am7 ⅠM7
Bm7♭5 Ⅱm7♭5
CM7 ♭ⅢM7
Dm7 Ⅳm7
Em7 Ⅴm7
FM7 ♭ⅥM7
G7 ♭Ⅶ7

なぜこのように変化するかと言いますと、メジャーとマイナーのダイアトニックスケールはディグリーが異なるからです。

1番目のコードでは、メジャーもマイナーもルート音は一緒ですが、他のコードのルート音は違うからです。

音楽理論の勉強を始めて、この辺りでで「え?どういうこと?」ってなって挫折した方もおられるかもしれませんが、大丈夫です。
ここで早くも登場するのがCmダイアトニックコードです。

Cmスケールについてはまた別で解説しておりますので、ここではCmのダイアトニックコードを見てみましょう。

Cm7
Dm7♭5
E♭M7
Fm7
Gm7
A♭M7
B♭7

ちなみにCmキーの平行調はE♭キーになります。
次は、Cメジャーダイアトニックコードと、Cmダイアトニックコードを見比べてみましょう。

CM7 Cm7
Dm7 Dm7♭5
Em7 E♭M7
FM7 Fm7
G7 Gm7
Am7 A♭M7
Bm7♭5 B♭7

どうでしょうか、これで上記で言っていた事がわかってきたと思います。
最後にディグリーネームでも比べてみましょう。

ⅠM7 Ⅰm7
Ⅱm7 Ⅱm7
Ⅲm7  ♭ⅢM7
ⅣM7 Ⅳm7
Ⅴ7 Ⅴm7
Ⅵm7 ♭ⅥM7
Ⅶm7♭5 ♭Ⅶ7

CメジャースケールとCmスケールは同主調

なぜCメジャースケールと、平行調のAmダイアトニックコードのディグリーネーム(ローマ数字)があんなに変わりはてた姿だったかというと、Cメジャーダイアトニックコードと、Cmダイアトニックコードを比べたギャップをローマ数字に♭記号をつけて帳尻合わせているだけだったんです。

CメジャースケールCmスケール同主調といいます。

ハーモニックとメロディック

続いて、ハーモニックマイナースケールメロディックマイナースケールを解説していきます。

Amダイアトニックコード

まずはAmのディグリーネーム(ローマ数字)を見てみましょう。

Am7 Ⅰm7
Bm7♭5 Ⅱm7♭5
CM7 ♭ⅢM7
Dm7 Ⅳm7
Em7 Ⅴm7
FM7 ♭ⅥM7
G7 ♭Ⅶ7

それでは次に、マイナーダイアトニックコードの機能を見てみましょう。

Ⅰm7 Tm
Ⅱm7♭5 SDmⓢ
♭ⅢM7 Tmⓢ
Ⅳm7 SDm
Ⅴ7 Dm
♭ⅥM7 SDmⓢ
♭Ⅶ7 SDmⓢ

*ⓢ・・・代理
*Tm・・・トニックマイナー
*SDm・・・サブドミナントマイナー
*Dm・・・ドミナントマイナー

メジャーダイアトニックと違い、機能の後ろにマイナー(m)と付きます。
基本的には暗い機能ですという意味で覚えておきましょう。

ハーモニックマイナースケールに移る前に、Amスケールを確認しておきましょう。

Amスケール ラ シ ド レ ミ ファ ソ

ハーモニック・マイナー・スケール

それではAハーモニックマイナースケールの中身の音を見てみましょう。

Aハーモニックマイナー ラ シ ド レ ミ ファ ソ#

ソに♯がつきました。
なぜソを♯させるかといいますと、落ち着く音(Tm)のすぐ下にある音に注目してみましょう。

曲が、落ち着きたい時、終わりにたい時、という気持ちが沸いてくる時は、落ち着く音のすぐ下のメロディを弾いたときなんです。

これがCメジャースケールでしたら、シの音です。
シとドは距離が半音ですが、ソとラは距離が全音(1音)です。ギターでいうと2フレット分離れています。

そこで最後の7番目の音を半音上げたスケールも作っちゃう?ということでできたのがハーモニック・マイナー・スケールなんです。

最後の音を半音上げることによって、ギリギリ感、切迫感が強まります。
それでは次に、ハーモニックマイナースケールで作られるダイアトニックコードを見てみましょう。

AmM7 ラ ド ミ ソ#
Bm7♭5 シ レ ファ ラ
CM7#5 ド ミ ソ# シ
Dm7 レ ファ ラ ド
E7 ミ ソ# シ レ
FM7 ファ ラ ド ミ
G#dim ソ# シ レ ファ

ナチュラルマイナーと比べ、少しコードが変わってしまいました。
ダイアトニックコードの機能も変わったコードがあるのでそちらも見ていきましょう。

ⅠmM7 Tm
Ⅱm7♭5 SDmⓢ
♭ⅢM7#5 Tmⓢ
Ⅳm7 SDm
Ⅴ7 D
♭ⅥM7 SDmⓢ
Ⅶdim Dⓢ

ここで要チェックしてほしいのが、V7のドミナント(D)のとこです。

よくCメジャーかAmの曲で、Amコードの手前にE7が現れて「なんでE7?」と疑問だった方もおられると思います。

Amに行くための不安感を強めるために、ハーモニックマイナースケールから急遽登場したE7だったんです。

メロディック・マイナー・スケール

次にメロディックマイナースケールの中身を見てみましょう。

Aメロディックマイナー ラ シ ド レ ミ ファ# ソ#

メロディックマイナースケールでは、ファに♯がつきました。

Aハーモニックマイナーでは不安感を強めるために、7番目の音を♯させることで、ソとラの関係を改善しました。

そこで問題が起こったのが、ファとソの関係です。もともとは1音離れていた関係が、ソが♯されたことによって、1.5音離れることになりました。ギターでいうと3フレット分も離れてしまったのです。

そうなると歌いにいくく、いびつな感じであり、もう少し滑らかにメロディアスにならないのか?ということで6番目の音も半音上げたのが、メロディックマイナーです。

次にダイアトニックコードも見てみましょう。

AmM7 ラ ド ミ ソ#
Bm7 シ レ ファ# ラ
CM7#5 ド ミ ソ# シ
D7 レ ファ# ラ ド
E7 ミ ソ# シ レ
F#m7♭5 ファ# ラ ド ミ
G#m7♭5 ソ# シ レ ファ#

ナチュラルマイナーと比べ、かなりコードが変わりました。
次に機能もみてみましょう。

ⅠmM7 Tm
Ⅱm7 SDmⓢ
♭ⅢM7#5 Tmⓢ
Ⅳ7 SD
Ⅴ7 D
Ⅵm7♭5 Tmⓢ
Ⅶm7♭5 Dⓢ

*ⓢ・・・代理

ここで要チェックポイントなんですが、メロディックマイナースケールとメジャースケールはとてもよく似ているんです。

CメジャースケールとCメロディックマイナースケールを比べてみましょう。

Cメジャースケール ド レ ミ ファ ソ ラ シ
Cメロディックマイナースケール ド レ ミ♭ ファ ソ ラ シ

ドから始まる3番目の音のミとミ♭だけが違いになります。

重要なポイントとして、コードを明るくするか、暗くするかは3番目の音が決めます。
例えばCコードのコードトーンとCmのコードトーンを比べてみましょう。

Cコード ド ミ ソ
Cmコード ド ミ♭ ソ

おわりに

最低限、メジャースケール1つとマイナースケール3つを覚えておきましょう。

曲をコピーしたり作曲する時に「なぜこのコードが出てくるのか」「もう少しカッコイイコード進行にしたい」と思った時など、ハーモニックマイナースケールやメロディックマイナースケール、または同主調のマイナースケールなどチェックすることおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました