コード進行から曲のキーの調べ方【丸ノ内サディスティック】

美しい林檎

今回は曲のキーがすぐわかる方法のプラスαと、コード進行の分析力を鍛えていきましょう。
曲は椎名林檎さんで「丸ノ内サディスティック」です。

曲のキーがすぐにわかる2つの方法!Keyの調べ方
簡単「音楽理論」曲のキーが一瞬でわかる方法。キーの調べ方を解説。初心者、入門者でも瞬時にキーがわかる。#と♭記号を見て判断する方法。借用コードとサブドミナントマイナーを判断する。ヒットソングのコード進行を分析して、キーを判別。
*ソロギターtab譜はこちらからご購入ください。
『丸ノ内サディスティック』ギタリストマッスル出版
スポンサーリンク

コード進行から曲のキーを見つける

まずはコード進行から、曲のKeyを見つけましょう。
こちらが原曲のコード進行。

・イントロ
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |×4

・Aメロ
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

・Bメロ
|A♭M7  B♭  |E♭  E♭/G  |
|A♭M7  B♭  |E♭  G7  |

・サビ
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

・間奏
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |×4

・Aメロ2
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

・Bメロ2
|A♭M7  B♭  |E♭  E♭/G  |
|A♭M7  B♭  |E♭  G7  |

・サビ2
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

・間奏2
|Cm7   |Gm/B♭  |Gm   |A♭M7  |

|Cm7   |Gm/B♭  |Gm   |B♭m7  E♭7|

・Bメロ3
|A♭M7  B♭ |E♭  E♭/G      |
|A♭M7  B♭ |E♭  G7  |G7    |

・サビ3
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

・エンディング
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |
|~~~||Fade out…

まずは曲のキーを判別するために、ダイアトニックコード内のメジャーコードであると思われるコードを抜き出してみましょう。

A♭M7、B♭、G7、E♭7

なんと7thコードが2つも出てきてしまいました。

M7コードを注目する

7thコードは一旦置いておきます。
ここで注目すべきはM7のコードです。A♭M7ですね。

M7のコードはダイアトニックコードの1番目(ⅠM7)か4番目(ⅣM7)かのどちらかです。

つまりキーを2つの絞ることができます。

キーがA♭でⅠM7の場合

ⅠM7 A♭M7
Ⅱm7 B♭m7
Ⅲm7 Cm7
ⅣM7 D♭M7
Ⅴ7 E♭7
Ⅵm7 Fm7
Ⅶm7♭5 Gm7♭5

「丸ノ内サディスティック」で使われているコードの3つ当てはまりました。

キーがE♭で、A♭M7がⅣM7の場合

ⅠM7 E♭M7
Ⅱm7 Fm7
Ⅲm7 Gm7
ⅣM7 A♭M7
Ⅴ7 B♭7(B♭
Ⅵm7 Cm7
Ⅶm7♭5 Dm7♭5

仮に曲中に出てきたB♭がⅤ7だった場合、こちらは4つ当てはまりました。
しかもキーがE♭だった場合、ⅣとⅤの1音隣の関係も当てはまります。

どうやらキーはE♭であると思われますが、もう少し考察してみましょう。

3和音でのダイアトニック・コードを見る

一度、7thとM7thを外して、3和音でのダイアトニックコードを見てみましょう。

キーがA♭でⅠの場合

A♭
Ⅱm B♭m
Ⅲm Cm
D♭
E♭
Ⅵm Fm
Ⅶm♭5 Gm♭5

こちらは変わらず3つのままです。

キーがE♭で、A♭がⅣの場合

E♭
Ⅱm Fm
Ⅲm Gm
A♭
B♭
Ⅵm Cm
Ⅶm♭5 Dm♭5

キーがE♭だった場合は、5つ当てはまりました。

曲のキーはE♭でたしかでしょうが、このままでは曲中に出てきたノンダイアトニックコードの、E♭7やG7がまだスッキリしません。

主役ぶってるA♭M7

まずはG7の解釈から進めていきましょう。
キーがE♭だった場合、平行調はCmキーです。
ライブバージョンなどのキメで終わる時もCmで終わっていますので、Cmキーと解釈しても、もちろんOKです。

まずはAメロでのこのコード進行を見てみましょう。
|A♭M7  G7  |Cm  E♭7  |

このCmに行く前のG7は、本来CmキーだったらGmですが、ドミナント感を強めるために、G7となりました。
つまり同主調のCキーのⅤ7のから借りてきたG7だと解釈できます。

E♭キーで見たらG7はⅢ7、平行調のCmキーで見たらⅤ7となります。

それからサビ前のBメロのコード進行では
|A♭M7  B♭  |E♭  G7  |

という進行のあとにA♭M7からサビが始まっています。
よく見ると、A♭とGは半音違いです。

この半音違いの7thコード、ここではG7がドミナント機能を持っています。

半音違いの7thコードはドミナンントの代理機能を持
と覚えておきましょう。
仮にA♭M7がⅠM7だったら、G7は♭Ⅱ7となります。

つまりここではA♭M7が、まるで私が主役のキーよと言わんばかりにⅠM7ぶってるんです。
こういう風に一時的にドミナントから仮トニックに向かう進行を、セカンダリー・ドミナントといいます。

さらにサビのコード進行パターンでは
|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

この進行の中でも、A♭M7へのセカンダリードミナントがおこっています。
この進行のパターンは始まりがA♭M7で終わりがE♭7です。

ここでも本来ならⅠM7のE♭M7が、E♭7となりドミナント機能を持ってます。
仮にA♭M7がⅠM7としたら、E♭7はⅤ7です。

まとめ

*ソロギターtab譜はこちらからご購入ください。
『丸ノ内サディスティック』ギタリストマッスル出版

|A♭M7  G7  |Cm7  E♭7  |

このコードを、E♭キーで解釈したら
|ⅣM7  Ⅲ  |Ⅵm7  Ⅰ7  |

Cmキーで解釈したら
|♭ⅥM7  Ⅴ7  |Ⅰm7  ♭Ⅲ7  |となります。

曲の雰囲気としては、少し不安なA♭M7からドミナント機能を持つG7へ行き、Cmで暗く落ち着くと思いきや、E♭がE♭7となり、A♭M7へ向かわざるおえなくなりまた繰り返すという感じです。

この進行が椎名林檎さんの歌声と、ハネたリズムとマッチし、まるで聴き手までもずーっと歌っていたくなるような感覚になります。

曲中で使われたコードの中で、敢闘賞をあげるとすればG7でしょう。
♭Ⅱ7としてA♭M7へ、Ⅴ7としてCmへ、2つの大事な役割をはたしてます。

曲中に使われるM7thコードは、ダイアトニックコードの1番目(ⅠM7)か4番目(ⅣM7)かのどちらかの可能性が高い。

7thコードの役割を解釈すればコード進行を理解しやすい。

ノンダイアトニックコードの7thコードがあれば、セカンダリードミナントの可能性を探る。

タイトルとURLをコピーしました