Gメジャースケールとは?

アコギを弾く女性

今回は、Gメジャースケールについて見ていきましょう。
最後にGメジャースケールの曲の「We are Never Ever Getting Back Together」も解説します。

まず、Gメジャースケールと、Emスケールは平行調なので、中身の音は一緒です。
これは以前に解説した、CメジャースケールとAmスケールの関係と同じです。

それではスケールを見てみましょう。

スポンサーリンク

スケール音

・Gメジャースケール<ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ#>
ここで注目してほしいのが、最後の音のファ#です。
・全全半全全全半

Cメジャースケールをおさらいで見てみましょう。
・Cメジャースケール<ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ>

ミとファ、そして最後のシとドが半音の間隔でしたね。
つまりメジャースケールは3番目と4番目の音、7番目と8番目の音の間隔が半音です。

もう一度Gメジャースケールを見てみましょう。
・Gメジャースケール<ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ#>

シとドが、3番目と4番目の音、ファ#とソが7番目と8番目の音、メジャースケールとして、成り立つために、ファに#がついて、ファ#になりました。

楽譜で見るとこのようになります。最初にファのとこに#がついてます。
これは「この曲で使われるファはファ#ですよ」という意味になります。

逆に譜面見たら一瞬で曲のKeyがわかるということです。
楽譜が読めるとそういうメリットがあります。

詳しくは【曲のKeyがすぐにわかる方法】をご覧ください。

Gメジャー・ダイアトニック・コード

それでは次にGメジャーダイアトニックコードです。

・GM7
・Am7
・Bm7
・CM7
・D7
・Em7
・F#m7♭5

ここでCメジャーダイアトニックコードと比べてみましょう。
・CM7   ・GM7
・Dm7   ・Am7
・Em7   ・Bm7
・FM7   ・CM7
・G7    ・D7
・Am7   ・Em7
・Bm7♭5 ・F#m7♭5

G7のm7thの音のファがファ#になり、M7になり、GM7へ
Bm7♭5の、減5度のファがファ#になり、Bm7へ

Dm7の3rdの音のファがファ#になり、D7へ
FM7のルート音がファ#になり、F#m7♭5へ

ダイアトニックコードとは?メジャースケール?
コードとは?和音の成り立ち Cメジャースケール ダイアトニックコードとは? コードの持つ機能 代理コード 簡単「音楽理論」初心者、入門者にむけてわかりやすく解説

「We are Never Ever Getting Back Together」

ここでテラスハウス主題歌で爆発的ヒットになった、テイラースウィフトさんの曲、「We are Never Ever Getting Back Together」のコード進行を見てみましょう。この曲はKeyがGです。

・Cadd9-G-Dsus4-Em
・Ⅳadd9-Ⅰ-Ⅴsus4-Ⅵm

この曲はほぼほぼこの進行が流れています。こういう進行を、循環コードと呼びます。
それではCadd9から見ていきましょう。
・Cadd9  ド、ミ、ソ、レ

こちらはCコードのコードトーンであるド、ミ、ソに、レが加わってるんです。
英語でAddとは加えるという意味です。Cコードにメジャー9thを加えてますよという意味になります。

ちなみにメジャー9th=メジャー2ndです。
add9コードはオシャレコードとして、様々な曲で使われています。

次にDsus4コードです。
・Dsus4  レ、ソ、ラ

このコードではメジャー3rdの音が使われずに、メジャー4thの音のソが加えられています。
sus4のsusとは、ズボンのサスペンダーのように引っ張り上げるという意味で、メジャー3rdをメジャー4thへ引っ張り上げています。ちなみにメジャー4th=メジャー11thです。

もともとDコードにはソの音は入っていませんでしたが、sus4にすることによってメジャー3rdのファ#がソに引っ張り上げられました。

これにより、この4つのコードでは全てソの音が曲のキー音として鳴るようになりました。
コードが変わっても、特定の音を持続させるスタイルを、ペダルポイントといいます。
この場合はソがペダルトーンですが、ベースがペダルポイントを弾く場合もあります。

最後にコード進行です。
・Ⅳadd9-Ⅰ-Ⅴsus4-Ⅵm

この進行は以前紹介した、感動コードに出てくる主要4コードの組み合わせですね。
ちなみに感動コードはⅠ-Ⅴ-Ⅵm-Ⅳ、この進行の最後のⅣから始めただけです。

ダイアトニック・コードの機能面から見ると、始まりは少し不安定はⅣから、次に安定のⅠ、そしてまた不安定なⅤで、安定のⅥmへの進行です。

不安と安定の繰り返しになります。
コード進行やメロディがシンプルな構成で、テンポもよく、耳に残りやすいキャッチーな曲です。