曲のキーがすぐにわかる2つの方法!Keyの調べ方

楽譜とコード

今回は耳コピが苦手でキーとかわからないという方、今まで漠然とコード進行だけ覚えてた方、キーがわからずアレンジに困ってる方などに向けて、簡単に曲のキーを調べる方法を解説していきます。

楽曲キーがわかることのメリットはこちら。

コード進行が覚えやすくなる
アドリブにもチャレンジできる
曲のアレンジにも役立てれる

コード進行を漠然と覚えるより曲のキーが判断できれば、ダイアトニック何番目のコードが使われているかも瞬時に判断できます。

さらにダイアトニックコードと比較することで、一時的に使用されている借用コードなどの解釈も可能です。
その様々な情報が理解できることでコネクションが強くなり、よりいっそう記憶しやすくなります。ダイアトニックコードの番号だけで、コード進行を暗記しているという人もいるほどです。

これだけは知っておきたい音楽理論/これで楽譜も読める
音楽理論のはじめの一歩。音符の長さ・小節・拍子記号・音階・インターバル・メジャースケール・曲のキー・ダイアトニックコード・小節中のリズム・調号・反復記号の順番。ギタリストでも簡単に楽譜が読める!

それでは、具体的な2つの方法を見てみましょう。

・楽譜の調号を見る
・コード進行から判別する

楽譜の調号

調号とは、楽譜の初めに書いてある(シャープ)や(フラット)のことです。
ちなみに、#がついてる曲でも、臨時記号として途中に♭などが出てくる時もありますが、最初の調号して#や♭が混ざって記されることはありません。

こちらは調号が何もついていない楽譜です。キーはCメジャー(ハ長調)となります。平行調では、Amキーです。

マイナースケール・ハーモニックマイナーとは/Amスケール解説
ナチュラルマイナースケールとは?ハーモニック・マイナー、メロディック・マイナー・スケール解説。なぜディグリーネームがあんなに変わるのか。簡単「音楽理論」初心者、入門者にむけてわかりやすく解説。

Keyの調べ方 #編

まずは調号の#編より1つずつ見ていきましょう。
#の付く音、付く順番も一緒に確認してください。

Gメジャー

こちらはGメジャースケールです。最初のト音記号の横に#がついています。
ついている場所はファの場所です。ファに#がついていると、キーがGとなります。平行調では、Emキー。

Gメジャースケールとは?
Gメジャースケール Gメジャーダイアトニックコード 初心者、入門者にわかりやすく解説 簡単「音楽理論」「We are Never Ever Getting Back Together」テラスハウス主題歌コード進行解説4-1-5-6進行 ペダルポイントとは?

ちなみに最初の渦巻きマークをト音記号といいます。なぜ「ト」かといいますと、ドレミファソラシドを日本語音名にすると、ハニホヘトイロハとなります。つまりソ=トです。

ト音記号を五線譜に書く時は、ソのところ、つまり五線譜下から2番目の線から書き始めましょう。

(英語音名で、ドレミファソラシド=CDEFGABC)

Dメジャー

続いて、次はドに#がついています。ドに#がつくと、キーはDです。平行調ではBmキー。
ファとドに#がつき、それぞれファ#、ド#となりました。ダイアトニックコードと、コードトーンも見ていきましょう。

ダイアトニックコードとは?メジャースケールとの関係性
コードとは?和音の成り立ち Cメジャースケール ダイアトニックコードとは? コードの持つ機能 代理コード 簡単「音楽理論」初心者、入門者にむけてわかりやすく解説

DM7    レ、ファ#、ラ、ド#
・Em7     ミ、ソ、シ、レ
・F#m7     ファ#、ラ、ド#、ミ
・GM7    ソ、シ、レ、ファ#
・A7     ラ、ド#、ミ、ソ
Bm7       シ、レ、ファ#、ラ
・C#m7♭5 ド#、ミ、ソ、シ

ダイアトニックコードのインターバルも数えてみましょう。

【インターバル】音と音の距離
インターバルとは?音と音の距離が分かればコードもスケールも自分で作れる。インターバルの簡単な数え方。ダイアトニックコードのインターバルの仕組み。メジャーコードとマイナーコードの違い。dimコードとは?「音楽理論」初心者、入門者でも簡単。

Aメジャー

次はソに#がついています。ソに#がつくと、キーはAです。平行調ではF#mキー。

AM7      ラ、ド#、ミ、ソ#
・Bm7    シ、レ、ファ#、ラ
・C#m7    ド#、ミ、ソ#、シ
・DM7    レ、ファ#、ラ、ド#
・E7       ミ、ソ#、シ、レ
F#m7   ファ#、ラ、ド#、ミ
・G#m7♭5  ソ#、シ、レ、ファ#

Eメジャー

次はレに#がついています。レに#がつくと、キーはEです。平行調ではC#mキー。

EM7    ミ、ソ#、シ、レ#
・F#m7    ファ#、ラ、ド#、ミ
・G#m7    ソ#、シ、レ#、ファ#
・AM7    ラ、ド#、ミ、ソ#
・B7       シ、レ#、ファ#、ラ
C#m7   ド#、ミ、ソ#、シ
・D#m7♭5   レ#、ファ#、ラ、ド#

Bメジャー

次はラに#がついています。ラに#がつくと、キーはBです。平行調でG#mキー。

BM7    シ、レ#、ファ#、ラ#
・C#m7    ド#、ミ、ソ#、シ
・D#m7    レ#、ファ#、ラ#、ド#
・EM7    ミ、ソ#、シ、レ#
・F#7        ファ#、ラ#、ド#、ミ
G#m7   ソ#、シ、レ#、ファ#
・A#m7♭5   ラ#、ド#、ミ、ソ#

F#メジャー

次はミに#がついています。ミに#がつくと、キーはF#です。
平行調はD#mキー。ちなみにF#=G♭です。

F#M7   ファ#、ラ#、ド#、ミ#
・G#m7   ソ#、シ、レ#、ファ#
・A#m7   ラ#、ド#、ミ#、ソ#
・BM7      シ、レ#、ファ#、ラ#
・C#7    ド#、ミ#、ソ#、シ
D#m7   レ#、ファ#、ラ#、ド#
・E#m7♭5   ミ#、ソ#、シ、レ#

譜面を見ている時にE#m♭5やE#mなど出てきて、「あれ?なんで?」と思われた経験を持つ方もいるでしょう。これはたんに#の調号を正しく表記した結果、E#となっているだけです。

C#メジャー

さぁついに#編最後です。最後はシに#がつきました。
シに#がつくと、キーはC#となります。平行調ではA#mキーです。ちなみにC#=D♭。

C#M7   ド#、ミ#、ソ#、シ#
・D#m7   レ#、ファ#、ラ#、ド#
・E#m7    ミ#、ソ#、シ#、レ#
・F#M7    ファ#、ラ#、ド#、ミ#
・G#7    ソ#、シ#、レ#、ファ#
A#m7   ラ#、ド#、ミ#、ソ#
・B#m7♭5   シ#、レ#、ファ#、ラ#

#編 まとめ

ここまでで、#の調号を見てきました。この#のつく順番は音楽理論では、この通りに決まっているのです。もう一度、#がついた音を順番に確認してみましょう。

ファ
この#のつく音の順番は、丸暗記してしまうことをおすすめします。

ここまで見てきますと、#が最後についている音は、キーの第7音です。
つまり、最後に#がついている音の半音上が曲のキーということになります!

例えば、#が最後についている音がソだったら、ソ#+#(半音)=KeyはAとなります。

#がつく順番は、ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シ
最後に#がついている音の半音上がキーになる音

Keyの調べ方 ♭編

続きまして、次は調号が♭の場合を見ていきましょう。♭記号がつくと半音下がるという意味です。

D♭=C#

♭記号の場合も、♭がつく順番は決まっています。

Fメジャー

まず♭がつくのは、シからです。#とは逆の順番で♭はついていきますシ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファの順番です。

シに♭がついた場合は、キーがFとなります。平行調ではDmキーです。

FM7   ファ、ラ、ド、ミ
・Gm7   ソ、シ♭、レ、ファ
・Am7   ラ、ド、ミ、ソ
・B♭M7   シ♭、レ、ファ、ラ
・C7    ド、ミ、ソ、シ♭
Dm7   レ、ファ、ラ、ド
・Em7♭5   ミ、ソ、シ♭、レ

B♭メジャー

続いて順番に、ミに♭がつきます。ミに♭がつくとキーはB♭。
平行調ではGmキーです。

B♭M7   シ♭、レ、ファ、ラ
・Cm7   ド、ミ♭、ソ、シ♭
・Dm7   レ、ファ、ラ、ド
・E♭M7  ミ♭、ソ、シ♭、レ
・F7    ファ、ラ、ド、ミ♭
Gm7   ソ、シ♭、レ、ファ
・Am7♭5   ラ、ド、ミ♭、ソ

E♭メジャー

続いて、ラに♭がつきました。ラに♭がつくとキーはE♭になります。
平行調ではCmキーです。Cメジャーキーと同主調のCmキー

E♭M7  ミ♭、ソ、シ♭、レ
・Fm7   ファ、ラ♭、ド、ミ♭
・Gm7   ソ、シ♭、レ、ファ
・A♭M7  ラ♭、ド、ミ♭、ソ
・B♭7   シ♭、レ、ファ、ラ♭
Cm7   ド、ミ♭、ソ、シ♭
・Dm7♭5  レ、ファ、ラ♭、ド

マイナースケール・ハーモニックマイナーとは/Amスケール解説
ナチュラルマイナースケールとは?ハーモニック・マイナー、メロディック・マイナー・スケール解説。なぜディグリーネームがあんなに変わるのか。簡単「音楽理論」初心者、入門者にむけてわかりやすく解説。

A♭メジャー

次はシ、ミ、ラ、ときてレに♭がつきました。
レに♭がつくと、キーはA♭になります。平行調はFmキーです。

A♭M7  ラ、ド、ミ♭、ソ
・B♭m7  シ♭、レ♭、ファ、ラ♭
・Cm7   ド、ミ♭、ソ、シ♭
・D♭M7  レ♭、ファ、ラ♭、ド
・E♭7   ミ♭、ソ、シ♭、レ♭
Fm7   ファ、ラ♭、ド、ミ♭
・Gm7♭5  ソ、シ♭、レ♭、ファ

D♭メジャー

次はソに♭です。ですが♭記号の場合、#記号とは1オクターブ低いソに♭記号が表記されます。
ソに♭がついて、キーはD♭です。平行調はB♭mキー。

D♭M7  レ♭、ファ、ラ♭、ド
・E♭m7  ミ♭、ソ♭、シ♭、レ♭
・Fm7   ファ、ラ♭、ド、ミ♭
・G♭M7  ソ♭、シ♭、レ♭、ファ
・A♭7   ラ♭、ド、ミ♭、ソ♭
B♭m7  シ♭、レ♭、ファ、ラ♭
・Cm7♭5  ド、ミ♭、ソ♭、シ♭

G♭メジャー

次はドに♭です。ドに♭がついて、キーはG♭になります。
平行調ではE♭mキーです。

G♭M7  ソ♭、シ♭、レ♭、ファ
・A♭m7  ラ♭、ド♭、ミ♭、ソ♭
・B♭m7  シ♭、レ♭、ファ、ラ♭
・C♭M7  ド♭、ミ♭、ソ♭、シ♭
・D♭7   レ♭、ファ、ラ♭、ド♭
E♭m7  ミ♭、ソ♭、シ♭、レ♭
・Fm7♭5   ファ、ラ♭、ド♭、ミ♭

C♭メジャー

そして最後にファに♭です。ファに♭がついてキーはC♭になります。
平行調でA♭mキーです。

C♭M7   ド♭、ミ♭、ソ♭、シ♭
・D♭m7   レ♭、ファ♭、ラ♭、ド♭
・E♭m7   ミ♭、ソ♭、シ♭、レ♭
・F♭M7   ファ♭、ラ♭、ド♭、ミ♭
・G♭7    ソ♭、シ♭、レ♭、ファ♭
A♭m7   ラ♭、ド♭、ミ♭、ソ♭
・B♭m7♭5   シ♭、レ♭、ファ♭、ラ♭

♭編 まとめ

ここまできましたら気づいた方もおられるかもしれませんが、最後に♭の調号がついた音から完全4度下の音がキーの音です。

例えば、キーがFの場合だと、
・FM7 ⅠM7
・B♭M7 ⅣM7

なので、最後に♭がついた音が、キーの4番目(Ⅳ)にくると覚えましょう。といいたいとこですが、もっと簡単に見分けることができます。

最後から2番目に♭がついた音がキーである
まずは最初の♭は、シからつくということは覚えておいてください。

例えばA♭キーを見てみると、♭がシ、ミ、ラ、レとついて、最後♭がレについています。
そしてその前に♭がついたのはラの音。つまりAの音です。最後に♭がついたレも、ⅣM7のD♭M7です。

これなら♭の調号でも簡単にキーが見分けられます。
次はコード進行からしかヒントが得られない時の、キーの調べ方を見ていきましょう。

♭記号がつくのは#記号と反対の順番
最後から2番目に♭がついた音がキーの音

コード進行から判断する!キーの調べ方

まずは曲のキーがわかりやすい、J-POPのコード進行を見てみましょう。

「虹」福山雅治

|D   |     |G   |     |Bm   |    |Asus4  |   |

こちらのコード進行は、福山雅治さんの「虹」のAメロの出だしから8小節のコード進行。
まず注目するポイントは、メジャーコードが3つあるということです。

曲のキーにはメジャーキー、マイナーキーとありますが、基本的にはメジャーキーを発見できるようになれば、平行調のマイナーキーはダイアトニックコードのⅥm、6番目のコードなのですぐにわかります。

ここが大事なポイント。DとGとAが入っているダイアトニックコードのキーを探してみましょう。
ダイアトニックコードは1番目(Ⅰ)と4番目(Ⅳ)、そして5番目(Ⅴ)がメジャーコードです。

キーがGだと、メジャーコードはGとCとD。
キーがAだと、メジャーコードはAとDとE。

キーがDだと、メジャーコードはD(Ⅰ)とG(Ⅳ)とA(Ⅴ)。
つまり、このコード進行はキーがDです。

D-G-Bm-A
Ⅰ-Ⅳ-Ⅵm-Ⅴ

これは以前解説した感動コードの主要4コードの組み合わせです。
メジャーコードに注目して見てみると、意外と簡単にキーがわかってしまいます。

定番コード進行とは?
定番コード進行、感動コードを解説。ONE OK ROCKのコード進行。音楽理論入門。初心者、入門者に向けてわかりやすく解説。ワンオクロックの曲はなぜカッコイイのか。The Beginningのコード進行はシンプル。

「I LOVE YOU」尾崎豊

ではもう1曲簡単なコード進行を。尾崎豊さん名曲「I LOVE YOU」の、Aメロ出だしの4小節を見てみましょう。

|A     |C#m7   |F#m7   |Bm7  E7  |

こちらのコード進行はパッと見てわかる方もいるかと思います。まずメジャーコードに注目してみると、AコードとE7コードです。このE7コードがチェックポイント。

E7などの7thコードはドミナント機能を持っております。
つまりダイアトニックコードの5番目(V7)の可能性が高いです。

仮にこのE7がV7だとして、E7がⅤ7のAメジャーダイアトニックコードに、今わかるコードを穴埋めしてみましょう。

・ⅠM7   A
・Ⅱm7   Bm7
・Ⅲm7   C#m7
・ⅣM7   DM7
・Ⅴ7    E7
・Ⅵm7   F#m7
・Ⅶm7♭5  G#m7♭5

Aのダイアトニックコードに、5つのコードがすんなりあてはまりました。よってキーはAです。7thコードがでてきたら、メジャーキーかマイナーキーにドミナントモーションをしている可能性を探りましょう。

「Wherever you are」コード進行解説

次はONE OK ROCKさんより「Wherever you are」のサビのコード進行を分析してみましょう。

・サビ
|E      |B/D#   |C#m   |G#m   |
|A      |E      |Am    |Bsus4  B  |

こちらがサビのコード進行です。先ほどの通り、メジャーコードに注目してみましょう。

出てきたメジャーコードはE、B、Aコードです。この3つのコードが、ダイアトニックコードに入っているキーを探してみましょう。

キーがBだと、メジャーコードはBとEとF#。
キーがAだと、メジャーコードはAとDとE。

キーがEだと、メジャーコードはE(Ⅰ)とA(Ⅳ)とB(Ⅴ)なのでこの進行はキーがEです。
ダイアトニックコードの4番目(Ⅳ)と5番目(Ⅴ)のコードは、全音(1音)離れて隣。
つまり1音違いのメジャーコードを2つ見つければ、その2つはⅣとⅤコードの可能性が高いということです。

E-B/D#-C#m-G#m
A-E-Am-B

Ⅰ-Ⅴ/Ⅶ-Ⅵm-Ⅲm
Ⅳ-Ⅰ-Ⅳm-Ⅴ

こちらのonコード(オンコード)のB/D#はBonD#と表記される時もあり、ベース音はD#ということ示しています。D#はBコードのコードトーン、メジャー3rdの音です。

しかしよく見ると、キーがEのダイアトニックコードに入っていないコードがあります。

・EM7
・F#m7
・G#m7
・AM7
・B7
・C#m7
・D#m7♭5

Amコードです。このコードはキーEのダイアトニックコードには入っていません。
このAmはEメジャーキーの同主調キー、Emキーより急遽借り出されました。Emキーの平行調はGキーです。

・Em7
・F#m7♭5
・GM7
Am7
・Bm7
・CM7
・D7

Emダイアトニックコードの4番目(Ⅳm)のコードで、サブドミナントマイナーSDmとなります。SDmは少し不安な暗い響きとなります。

【サブドミナントマイナー】名曲コード進行9選
サブドミナントマイナーとは?知らなきゃ損する名曲のコード進行。名曲、ヒットソングを使い音楽理論を解説。初心者でも簡単解説。ヒット曲の作曲法。米津玄師・ワンオク・ミスチル・山口百恵など、ヒットソングに潜むサブドミナントマイナーコードを解説。

このようにダイアトニックコードにないコードのことを、ノン・ダイアトニック・コードといいます。そしてノンダイアトニックコードで同主調のキーから借りてきたコードを、借用コードといいます。

このSDm(Ⅳm)はとても万能なコードで、様々な場面出てきます。曲のコピーや、好きなアーティストのコード進行を見て、分析できないコードがあった場合などは、Ⅳmの可能性も疑ってみましょう。

それではもう一度「Wherever you are」のサビのコード進行を確認。

E-B/D#-C#m-G#m
A-E-Am-B

Ⅰ-Ⅴ/Ⅶ-Ⅵm-Ⅲm
Ⅳ-Ⅰ-Ⅳm-Ⅴ

Am(Ⅳm)の次は、B(Ⅴ)のドミナントに。「Wherever you are」のサビ出だしは、明るさもありサビ自体もとても勢いがあります。

それがいきなりAm(Ⅳm)の出現によって、雰囲気が暗くなり不安感も芽生えてきました。
そして次のBコードに行き、ギリギリ感、緊張感、不安感がよりいっそう高められています。

「Wherever you are」はとてもかっこいい曲です。もちろんワンオクのメンバーさんたちのアーティスト性や、楽器の技術、歌の歌唱力、歌詞の良さなど、様々な要素はありますが、コード進行で出てくるAm(Ⅳm)もこの曲をかっこよくさせている要素の1つになっています。

まとめ

ここまででの、コード進行からキーを調べる方法のまとめを見ていきましょう。

・コード進行を見ていて、つながり性の感じないコードを一度脇に置いておく。
・メジャーコードだけ抜き出して、ダイアトニックコードと比較する。
・1音違いのメジャーコード(ⅣとⅤ)を見つける。
・7thコードがあったら、ドミナントモーション(Ⅴ7)の可能性を探る。
・マイナーキーだと判断した場合は、メジャーキーの6番目(Ⅵm)がマイナーキー
タイトルとURLをコピーしました