【大きな古時計】ソロギターtab譜&楽譜

大きな古時計

今回は平井堅さんもカバーした、「大きな古時計」のソロギターに皆さんで挑戦していきましょう。誰もが一度は聴いたことのある名曲「大きな古時計」を、簡単コード進行で楽譜とタブ譜を解説しながら進めていきます。

最後には上級者バージョンのタブ譜もありますので、簡単バージョンじゃ物足りないという方は、上級者バージョンのほうを挑戦してみてください。

それでは、曲のキーとコード進行を、譜面を使いながらメロディと共にチェックしていきましょう。

*ソロギターtab譜をプリントアウトしたい方は、こちらよりご購入ください。
『大きな古時計』ギタリストマッスル出版
スポンサーリンク

「大きな古時計」コード&メロディ

4/4(四分の四拍子)で、曲のキーはCメジャーで24小節です。
ⅠM7 CM7 T
Ⅱm7 Dm7 SDⓢ
Ⅲm7 Em7 Tⓢ
ⅣM7 FM7 SD
Ⅴ7 G7 D
Ⅵm7 Am7 Tⓢ
Ⅶm7♭5 Bm7♭5 Dⓢ

*ⓢ・・・代理
*T・・・トニック(安定)
*SD・・・サブドミナント(少し不安定)
*D・・・ドミナント(不安定)

出てくるコードは<C , F , G>の3つ。ダイアトニックコードのⅠ、Ⅳ、Ⅴのスリーコードです。まずは「大きな古時計」のメロディを、フィンガーピッキング(指弾き)で弾いてみましょう。

メロディは1弦と2弦と3弦の使用なので、右手の指使いに特にこだわったプレイスタイルが無い方は、3弦を人差し指、2弦を中指、1弦を薬指で捉えながら弾いてみてください。

それでは次にコード進行を元に、ベース音となるルート音と、コードトーンを付け足していきます。

簡単ver.「大きな古時計」tab

*目標テンポ80

こちらが簡単アレンジ「大きな古時計」ソロギターtab譜です。

アコースティックソロギターでは厳密に指使いはきまっておりませんが、4本弦を同時に弾くフレーズは、一番上の弦を右手親指、残りを上から順に、人差し指、中指、薬指でピッキングします。

演奏ポイント

Fコードの箇所では、6弦1フレットを左手親指、4弦3フレットを薬指、3弦2フレットを中指、2弦1フレットを人差し指、2弦3フレットを小指で押さえます。

Gコードの箇所では、6弦3フレットを左手薬指、3弦2フレットを中指、2弦1フレットを人差し指、2弦3フレットを小指で押弦。

13小節目と21小節目のCコードの箇所は、強拍記号がついています。こちらは少しだけ強めに弾き、音量差を出し、曲調に強弱をつけましょう。

18小節目と20小節目にはスタッカートがついています。ここでは、音が鳴った瞬間にミュートします。その時もベース音がしかっりと伸びていることを意識してください。

具体的なテクニックは、4弦2フレットを弾いた右手の指で、弾いた瞬間に弾いた指で弦を触りにいきます。3弦開放も同様で、右手の指で瞬時にミュートします。

上級者ver.「大きな古時計」tab

続いては、簡単バージョンから少しだけ難しくした上級者バージョンの「大きな古時計」ソロギターです。

決して難しすぎて弾けないということはありませんので、簡単バージョンじゃ物足りない方はぜひこちら挑戦してください。

Am7コード、Emコード、D7コードが追加され、曲調に幅が出ました。12小節目のD7コードの箇所では、4弦開放、3弦2フレットを左手中指、2弦3フレットを小指で押さえます。そうすることによって、次のGコードへスムーズに運指が動けるはずです。

おわりに

*ソロギターtab譜をプリントアウトしたい方は、こちらよりご購入ください。
『大きな古時計』ギタリストマッスル出版

今回の「大きな古時計」簡単ソロギターはどうだったでしょうか。ギター初心者の方でも練習すれば確実に弾けるようアレンジしてありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

無理に暗譜(譜面を暗記)する必要はありません。譜面を見ながら、リズムと指使いを意識して取り組んでください。

最初は指使いなどを意識しながら演奏することで徐々に「アコギ脳」が鍛えられ、しだいに無意識的に演奏できるようになっていきます。

【アルペジオ入門】TAB譜&楽譜/ギター初心者でも簡単
アルペジオとは ソロギターへの道 アコギ、ギター初心者でも弾ける タブ譜、楽譜あり アコースティックギター、エレキギターにも使える ソロギターへの道のり シンガーソングライター、アコギ弾き語りのスパイス 指弾き入門