【音感】トレーニング入門

ギターを使って音感トレーニングする

今回は”音感”トレーニングについて解説します。絶対音感がない方や、大人になってから音楽を始めた方でも、音感は鍛えることができるのです。

音感が高まれば楽器を使って楽曲のキー判別や、フレーズがすぐに耳コピすることができます。そのために必要な、記憶しておくべき“響き”ハモり)についても解説しますので、ぜひご覧ください。

耳コピのコツ
今回は"耳コピ"のコツについて解説していきます。耳コピとは、楽曲で実際に使用されている音を聴き取り楽器を使って再現または譜面に書き起こす技術のことです。 耳コピと聞くと、「幼少期から楽器と触れ合っていないとできない」「耳コピができるのは一...

大人でも鍛えられる相対音感

幼少期から音楽教育を受けた方の中には、絶対音感をお持ちの方もおられます。絶対音感をお持ちの方であれば、対象音の音名を答えることが可能です。そのためには早い段階で音楽教育を受けておく必要があります。

しかし大人になってからでも発達する音感があり、それが相対音感です。相対音感とは基準となる音との相対的な音程によって、音の高さを識別する能力です。

「AとBどちらの音が高いか」というような判断は、ほとんどの方が判別可能だと思います。さらに相対音感が発達することで、楽曲中の主音となる音・コード進行なども”移動ド”として判別可能です。楽器が手元にあれば、瞬時に正確な音名を探し出せます。

もちろんそのためには、感覚的に音楽訓練をこなしていくのではなく、音楽理論の裏付けがとても役に立ってくれるのです。続いては、理論的に重要な”響き”について解説してきます。

相対音感を高めるために重要な”響き”

ここからは、重要な5つの”響き”(ハモり)について解説します。お手元にギター(楽器)がある方は、ぜひ一緒に弾いてみてください。それぞれの響きを、理論的にわかった上で体感してみましょう。

【インターバル】音と音の距離
今回はインターバル、音と音の距離について、誰でも簡単に理解できるよう解説していきます。 インターバルというと、「スケールやコードのポジション覚えてればいいのでは?」なんて声も聞こえてきそうです。 そもそもインターバルはなにかと軽視されが...

ユニゾンの響き

まずはユニゾンの響きです。ギターでは同じ音高の音を鳴らすことができるので、1弦開放のミ・2弦5フレットのミを使ってユニゾンの響きを確認してみましょう。

耳コピをする時もリズム符と同時に、対象のフレーズとユニゾンするポジションを探します。これはカラオケで歌う時も、頭の中でイメージする音とユニゾンするように歌っているのです。

■ユニゾン(unison)
複数の楽器で同じ旋律(メロディ)を奏でること。
男性と女性・ギターとベースなど、オクターブ違いの旋律でもユニゾンとなります。

オクターブの響き

続いては1オクターブ離れたケースです。4弦2フレットも1弦開放も鳴っている音はミですが、音高が1オクターブ違います。

■オクターブ(octave)
対象音の完全8度上または下の音。周波数比2:1の音程。

3度の明るいハモりと暗いハモり

続いては3度のハモリです。2弦1フレットのドを基準にした時、1弦開放のミは長3度(M3rd)にあたります。これはメジャーコードにおける3度と同様で、同時に鳴ると明るい響きとなるのです。

続いては、暗い響きのする短3度のハモリです。3弦5フレットのドを基準とすると、2弦4フレットのミ♭は短3度にあたります。これはマイナーコードの3度と同様、暗い響きです。

ちなみに、2弦1フレットと3弦5フレットは同じ音高になります。

完全5度のハモリ

続いては完全5度(P5th)のハモリ。はるか昔にピタゴラスが発見したといわれる、完全協和音の1つです。メジャーコードとマイナーコードにも、入っている重要な音となっています。

ギターの低音弦を使って弾くパワーコードも、Root(根音)+完全5度を使用。

完全協和音
・完全1度・完全8度・完全4度・完全5度
【音階×音律】歴史/ドレミの誕生
今回は音階と音律の歴史について、みなさんと考察していこうと思います。 ドレミの始まりから現代のポピュラーミュージックまで至るまでに、様々な歴史がありました。 今回はそんな音楽史をわかりやすく解説し、皆さんの音楽LIFEに少しでもお役に立...

アボイド・ノートの響き

最後はアボイド・ノートの響きです。これは基準となる音から半音上の音、つまり♭9thにあたる関係になります。2弦4フレットのレ#(ミ♭)と1弦開放のミを同時に鳴らすと、”はずれた音”または”音がぶつかっている”と感じるはずです。また踏み切り音とも呼ばれ、とても怪しげな雰囲気を醸し出します。

ポピュラーミュージックでは避けるべき音(avoid)とされていますが、意図して使用されている楽曲もあるのです。

音感と耳コピ

まずはここで解説した代表的な響きを体感し、身体にしみこませてください。ここからさらに1歩進んだトレーニングとしまして、自分の好きな楽曲のキー(調)を探してみましょう。

曲のキーがすぐにわかる2つの方法!Keyの調べ方
今回は耳コピが苦手でキーとかわからないという方、今まで漠然とコード進行だけ覚えてた方、キーがわからずアレンジに困ってる方などに向けて、簡単に曲のキーを調べる方法を解説していきます。 楽曲キーがわかることのメリットはこちら。 ・コード進行...

やり方はいたって簡単です。楽曲を聴きながら、メジャースケール(またはマイナースケール)のキーを変えながら弾いてみてください。その上で”合う”と感じたキーが、正解がどうか確認します。

これを繰り返していくことで、転調する部分やノン・ダイアトニック・コードが使用されている小節など、聴いただけで認識できるようになるのです。

ダイアトニックコードとは?メジャースケールとの関係性
今回はコード理論において避けては通れない、ダイアトニック・コードについて解説します。まずコードとは日本語で「和音」、音の集合体です。ギターがそばにある方は、ローポジション(1~3フレット)でCコードを押さえてみましょう。そこで押さえているポ...

おわりに

今回は音感トレーニングについて解説しました。キーを探し当てるトレーニングは自宅でも手軽に行えますので、ぜひ実践してみてください。

次のステップとしましては、歌メロやギターのリフなど、短いメロディから耳コピを始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました