海外ドラマ【The O.C.】魅力の挿入曲18選

The O.C.のDVD

以前に、中卒ギタリストの高卒認定試験対策英語学習でご紹介した、海外ドラマThe O.C.」の名曲 18選をご紹介します!

「The O.C」のファンの方も、まだ見たことない方にも、きっとお気に入りの曲が見つかると思います。

このドラマの舞台は、カリフォルニア州オレンジカウンティ。
格差社会を生き抜く主人公ライアンが、様々な困難に立ち向かい成長していくヒューマンドラマです。

英語学習のポイントは、英語ワールドに入り込むのがもっとも大切。そんな時に僕がオススメするのが「The O.C.」です。
英語字幕を確認したい方はDVDをオススメ。

すぐ見てみたいという方は、U-NEXTの無料期間を使ってチェックしてみてください。
アメリカで社会現象にまでなった「The O.C.」を、ぜひ一度ご覧あれ!

スポンサーリンク

主題歌「CALIFORNIA」PHANTOM PLANET

「The O.C.」といったら、この曲。アメリカのロックバンド、ファントムプラネットの「カリフォルニアです!

「The O.C.」の主題歌に起用され一躍大人気となりました。残念ですが、2008年に解散しております。一度聴けばすぐに覚えてしまう曲。

歌詞の内容としましては「俺たちナンバー1になるためにカリフォルニアに戻ってきだぜ」という感じです。2002年発売のアルバム「THE GUEST」の第1曲目に収録されています。

このファントムプラネットのカリフォルニアの曲のすごいところは、なんと使われているコードが3つだけなんです。楽器がそばにある方は弾いてみてください。

・イントロ
lC#m    lA    E    lA    E    lA    E    l

・Aメロ
lC#m    lA    E    lA    E    lA    E    l
lC#m    lA    E    lA    E    lA    E    l

・サビ
lA        lE       lA        lE        lA        l

こちらがメインのコード進行。Eメジャーダイアトニックコードの、ⅠとⅣとⅥmの3つの組み合わせ。まさにシンプルイズベストの曲です。ギター初心者の方にもオススメな練習曲でしょう。

「HALLELUJAH」JEFF BUCKLEY

次の曲はジェフ・バックリィさんの「ハレルヤ」です。ジェフバックリさんはアメリカの雑誌ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大なシンガー100人において39位の成績を残しております。

天声の歌声と言われたジェフ・バックリィさんですが、水泳中に30歳の若さでお亡くなりになられました。

ハレルヤを聞くたびにシーズン1のラストシーンが蘇ってきます。なんとも胸が苦しくなる曲です。

この「ハレルヤ」ですが、ジェフ・バックリィさんはカバーで、原曲はカナダのシンガーソングライターのレナード・コーエンさんが1984年に発表しました。2016年に82歳でお亡くなりになっています。


ジェフバックリィさんをはじめ、数々のアーティストがカバーしてきた曲です。
世界的ロックバンドU2のボーカリストのボノさんは「ハレルヤ」を、世界で最も完璧な曲、と言っています。

「Fix You」Coldplay

続きまして、イギリス出身のロックバンド、コールドプレイの「Fix You(フィクスユー)」です。ささやきかけるような1曲。

ドラマの中では、物語が少し良い風に変わっていこうかなという時にかかっています。
コールドプレイは日本でもとても人気なロックバンド。

「Champagne Supernova」Oasis

実は、あの正統派ブリティッシュ・ロックバンドOasisからも「Champagne Supernova」が挿入曲として使われています。
Oasisは2009年に解散していますが、今もなお世界で愛され続けるバンドです。

主人公ライアンの相棒セスが、愛しのサマーと土砂降りの雨の中キスするシーンは、視聴者の皆様も印象に残っているシーンだと思います。

オアシスも日本ではとても有名で、「Champagne Supernova」も人気が高い曲なんですが、こちらの曲も有名です。

「Don’t Look Back In Anger」はイギリスの裏国歌と言われています。
こちらの間奏でのギターソロは、ギタリスト必修科目ではないでしょうか。

「Hide And Seek」Imogen Heap

イギリスの裏国歌をご紹介したところで、続いて「The O.C.」の裏主題歌をご紹介。イモージェンヒープさんで「Hide And Seek」です。

聴いてもらうとわかるとおり、とてつもない幻想的な世界観。なかなか「Hide And Seek」のような雰囲気の曲とは出会わないと思います。

ドラマ中ではお葬式のシーンで流れます。シンガーのイモージェンヒープさんはこちらの曲が入った2ndアルバム「Speak for Yourself」した翌年2006年に、グラミー賞最優秀新人賞に輝いております。

ドラマ中にこの「Hide And Seek」が流れた時は、たちまちアメリカ中の話題となり、大ブレイクしました。
イモージェンヒープさんは素敵な歌声だけではなく、ピアノ、ギター、ドラムと、なんでもこなすマルチプレーヤーです。

「Speeding Cars」Imogen Heep

イモージェン・ヒープさんよりもう1曲。The O.C.の女王より「Speeding Cars」です。

こちらは高校の卒業式のシーンで流れました。テイラーのスピーチ姿が印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

「Forever Young」Youth Group

こちらの「Forever Young」はThe O.C.ファンの方からは外せない1曲ではないでしょうか。
オーストラリア出身のロックバンドユースグループが奏でる「Forever Young」は、使われるドラマのシーンごとに、まさにベストマッチで流れてきます。

実はこちらもカバー曲でして、原曲は1982年に結成の「Alphavilleアルファヴィル)」というドイツのバンドです。

「You Got Me All Wrong」Dios Malos

続いてアメリカのロックバンド、ジオス・マロスより「You Got Me All Wrong」です。

この不思議さ、悲しさ、切なさが入り混じった感じはとても情感的。ちなみに聴いてもらうとわかる通りこちらも繰り返しコード進行になります。
主にこの2つです。

|Bm  A  |E     |D  A  |Em  G  |

エンディングが|C  G  |Dm  F  |

セクションごとに展開していく曲です。

「Paint The Silence」South

こちらはサウスというイギリスの3ピースロックバンドです。この出だしのアコースティックギターサウンドが、何かの始まりを期待させるようなニュアンスで曲が始まります。

ちなみコード進行は
|F#m   |A    D|E    D|E      |というシンプルな感じで、キーAの曲です。
コードチェンジが入るのは4拍目の裏。

この曲のDコード自体は、Eコードへの味付けみたいなものなので、メインコードは3つだけとなります。「The O.C.」の主題歌「California」も、使われているコードが3つだけ。

曲に使われるコードが少ないということは、曲自体の発展も難しいとこですが、「Paint The Silence」では曲が持つ切ないイメージがピッタリO.C.にマッチしております。

「Paint The Silence」を聴いてO.C.ファンでしたら、様々な状況を思い浮かべると思いますが、僕的には主人公ライアンとヒロインのマリッサが観覧車でキスするシーンを思い出します。

「Honey And The Moon」Joseph Aethur

こちらアメリカのシンガー、ジョゼフ・アーサーさんで「Honey And The Moon」です。こちらもアコースティックギターがメインの楽曲。かなり切ない悲しい雰囲気の曲です。

やはり「Honey And The Moon」を聴いて浮かんでくる情景と言えば、ライアンがサンディの車の助手席からマリッサを見つめるシーンではないでしょうか。

夕日をバックにしたマリッサが遠ざかるのが印象的でした。

「Dice」Finley Quaye

こちらフィンリー・クエリさんより「Dice」。曲の始まりは怪しげな不思議なニュアンスです。
O.C.ファンですと、年が明けようとしている時に、ホテルの階段でライアンが息切れしてるのが目に浮かびますね。

こちらの曲は循環コードで構成されています。

|Bm     |D      |A       |E      |

こちらの4つのコードの繰り返しになります。イントロのメロディラインは
|ファ#~ソ#ラ~|ミ~ソ#ラ~ソ|ミ~ソ#ラ~ソ|ミ~ソ#ラ~ソ|
と、このような繰り返しています。

「I’m Shakin」Rooney

こちらアメリカのロックバンドルーニーより「アイム・シェイキン」です。ドラマシーンの中でも、ライアンたちがみんなでライブを見に行ったルーニーになります。

ドラマシーンでは、ルークが熱狂して「ル~二~~!!」と歓声を送っていました。もちろんファンの皆さんは、ルーニーが実在していたバンドとは知っていたと思います。
「アイム・シェイキン」はとてもキャッチーな1曲。

「Move on」JET

こちらはオーストラリア出身のロックバンド、JETから「Move on」です。
直訳すると、「進む」です。日本にも熱いファンは多いのではないでしょうか。

デビューアルバムの『ゲット・ボーン』は世界中で350万枚以上のセールスを記録しております。

「Orange Sky」Alexi Murdoch

こちらはイギリス出身のアレクシ・マードックさんより「Orange Sky」です。こちらの曲もアコースティックギターがサウンドの中心。とても切ない1曲です。

こちらの「Orange Sky」のコード進行は出だしからほとんどが、DコードとGコードの交互で構成されています。
途中BmやAコードも登場しますが、ほとんどがDとGだけで構成されているというシンプルな曲です。

「HELLO SUNSHINE」SUPER FURRY ANIMALS

こちらは、イギリスのロックバンド、スーパー・ファーリー・アニマルズより「ハロー・サンシャイン」です。聴いてもらうとわかる通り、動画の47秒経過後に「あ!これか!」となると思います。

そうです!セスがベットの上で、愛しのサマーを見上げる瞬間です。

「Into Dust」MAZZY STAR

こちらはアメリカのロックバンド、マジー・スターより「Into Dust」です。1990年デビューのバンドなので、O.C.の挿入曲の中では古巣のバンド。

ボーカルのホープ・サンドヴァルさんの歌声はとても幻想的で、アコギサウンドともベストマッチしています。

ドラマ中ではライアンがマリッサを抱きかかえているシーンが印象的でした。

「Maybe I’m Amazed」Jem

次はイギリスのシンガーJemさんの歌う「Maybe I’m Amazed」です。
ドラマ中にはJemさん自身が出演し、歌われております。ドラマ挿入歌ノスタルジー部門ではナンバー1ではないでしょうか。

そんな美人ジェムさんが歌う「Maybe I’m Amazed」の原曲はなんとBeatlesビートルズ)解散後にポール・マッカートニー氏が発表したものです。

ポール氏の歌も最高ですが、間奏のギターソロもとても感情に訴えてきます。

「If you leave」Nada Surf

最後にご紹介するのはアメリカのロックバンド、Nada Surf(ナダサーフ)さんが歌う「If you leave」です。

こちらもカバーソングになります。原曲はイギリスのバンドOMDこと、オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダークです。

ドラマの中では、主人公の相棒セスが空港へアンナを呼び止めに行く時に流れます。
このシーンのせいで、頭の中に『Confidence』という単語がこべりついた方も多いのではないでしょうか。

アンナ役のサミーア・アームストロングさんは、ご両親の仕事の都合で東京で生まれたそうです。

おわりに

皆さんのお気に入りの曲は見つかったでしょうか。
「The O.C.」ではまだまだ紹介しきれない素敵な名曲が、たくさん使われています。

僕が過去に高卒認定試験で英語科目の免除を申請するため、英検準2級を受けたさいに「The O.C.」をリスニング対策として毎日繰り返し見ていました。

やはり、自分がおもしろいと思えた海外ドラマだからこそ、繰り返し見れましたし試験突破できたのだと思います。

英会話のリスニング対策として、海外ドラマの中から「The O.C.」をオススメしますが、もちろん日本語吹き替えで見られても最高の作品です。

皆さんも、悩んだ時、困難に立ち向かう時、『Confidenceです!

Lifeマッスル
スポンサーリンク
この記事をシェアする
フォローする
スポンサーリンク
ギタリストマッスル